掲載記事数: 386【3/5 現在】

七五三は仏滅の日に参拝しても大丈夫?

冠婚葬祭

11月15日は「七五三」です。近年では、仏滅が重なった日を避ける家庭や親御さんの都合に合わせて11月15日に近い土曜日や日曜日に行う方が増えているようです。

七五三は11月15日に行うものだと思っていましたが、実際どうなのでしょうか。

七五三の起源から見ていくと、室町時代まで遡ります。当時の乳幼児は、とても死亡率が高かったことから、無事に3歳・5歳・7歳と子供が育った事を神様に感謝して家族で祝う行事だったといいます。

その行事も時代とともに少しずつ形を変えながら今に至るわけです。今どきの七五三で気になることとして、「仏滅にあたる日のお宮参り」「普段着でのお宮参り」の2点が個人的に気になったので調べてみました。

七五三のお宮参りに「仏滅」は関係ある?

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の歴史は中国にあります。日本に六曜が伝わったのは、鎌倉時代といわれていますが、江戸時代になると六曜を記載した現在でいう暦(こよみ)が流行しました。

現代のカレンダーにも必ずと言っていいほど六曜が記載されており、気にする人もいるでしょう。しかし、七五三は神道の考えの行事となりますので、実は六曜の考えは当てはまりません。そのようなことから、仏滅に七五三のお宮参りをするのは全く問題ないのです。意外とこれは知られていないようです。

天気が良い日が吉日?

六曜の考えは七五三には関係ありませんが、できるなら天気の良い日が良いかもしれません。そもそも太陽は天照大御神様の化身といわれてることから、天気の良い日に大きな恵みを与えてくれるとも考えられます。三歳、五歳、七歳と健康に育ったお祝いなので、天気が良いことには越したことはありません。

七五三のお宮参りは普段着でも大丈夫?

七五三の服装は「和装」が基本になっていますが、現代では少しずつ個性的になってきており、洋装(入学式に着るフォーマルスーツ)などを着ているお子さんも増えているようです。

どうしても和装・洋装などフォーマルな服装が用意できない場合は、普段着の中で一番良い服を選んでみるのはどうでしょうか?

数は少ないものの、普段着でお宮参りしているご家庭もいらっしゃいます。周りの子供たちが和装が多いので、子供が気にする可能性は否定できません。

しかし、七五三の本来の意味合いは、三歳、五歳、七歳と子供の生存率が低かったことから、成長を祝う行事です。子供の成長を祝う点では今も同じだと思います。服装は指定されていないのです。また、服装において、無礼だと思う神様もいないでしょう。

まとめ

七五三は、仏滅や服装には左右されないものです。また、11月15日にこだわる必要もありません。他の家庭の動向に合わせがちですが、自分たちなりの行い方で良いのです。できることなら、天気の良い日を選ぶことできっと良い七五三になるでしょう。