掲載記事数: 386【3/5 現在】

メリットも多い自己破産、自己破産時の保護とは?

お金(生活)

破産宣告をすると、生活する上で経済的な制限を受けることは有名です。たとえば、個人信用情報機関に事故登録(ブラックリスト)されたり、資格が制限されるなどがあります。

その他の制限など
・自宅や車などの財産が没収される
・資格の制限(弁護士や司法書士などの職業には就けないなど)
・官報に記載される
破産宣告とは、債務者が自己破産を開始する手続きのことを指します。いまでは、破産手続開始決定とも呼ばれます。

自己破産をすると、財産や信用をすべて失い、未来は真っ暗だと考えがちです。デメリットが先行してしまい悪いイメージしかありませんが、デメリットだけではありません。

実は、自己破産をしてもある程度の保護もしっかりされるからです。さて、その自己破産手続き後の保護とはどのようなものがあるのでしょうか。

ある程度の財産を残せる

裁判所が定める一定の基準を超えない額の財産は処分されません。たとえば、ケースにもよりますが、残高が20万円未満の預貯金生活に必要な家財道具などが該当します。

イメージとして、自己破産を行うことで何もかも失ってしまうように思えますが、実は生活に必要な最低限の財産は手元に残すことができるのです。

破産事実の保護

破産の事実が掲載されるのは、官報や本籍地の市町村役場の破産者名簿くらいです。住民票や戸籍に掲載はありませんし、勤務先への通知もありません

日本国の機関紙である官報に記載されることで周知がなされますが、一般の人でこの官報を見る人はほとんどいないので影響はないと考えても良いです。また、役所の破産者名簿は閲覧こそできません。このように破産の事実が広まらないような対策もしっかりされています。

収入の保護もある

破算者は、破産後に得た収入は保障されることになっています。破産により、原則的に一切の債務がなくなることから、生活を立て直すことができるのです。一切の債務から逃れ、収入を確保できるのは最大のメリットと言えるでしょう。

さいごに

破産宣告は、人生の終わりのようなイメージがありますが、実はその逆だったりします。債務がなくなり、借金地獄から解放され、人生を組み立てなおすことができることから再スタートの意味もあるでしょう

手続きも容易で、簡単に言うと破産によって裁判所に出向くことだけで終わります。専門家に依頼することも可能です。

最近では、老後破産という言葉もよく聞きます。自己破産をするシニアが多いのです。しかし、自己破産したからといって終わりではないということを覚えておきましょう。