掲載記事数: 368【1/28 現在】

投資はリターンとリスクのバランスが大切

お金(投資・節約)

老後の資金を確保しておくためにも、投資もすべきという話もよく聞きます。確実に貯まる貯金も良いですが、それだけでは正直あまり増えるものではありません。リスクはあるものの、お金を増やすためには投資も少しはやっておくのもいいでしょう。

老後の資金を豊かにするには、投資も選択肢の1つです。生活に支障のない範囲で行いましょう。ただし、投資は魅力的な反面、落とし穴も多いものです。メリットやデメリットを知ってから、始めていくと安心です。

おいしい話は裏がある

余裕のある生活や老後の備えのために、お金は少しでも増やしたいものです。まとまった退職金をうまく運用したいという人もいるでしょう。こんなとき、投資が視野に入ってくると思います。退職金は大きく減らすわけにはいきません。そのため、利回りは低くても、できる限りリスクを下げた投資を心がけましょう。

いわゆる「おいしい話」には、裏があると考えたほうがいいです。たまに見かける利回りが20%や40%などは今現在の銀行預金の利回り(0.001%程度)と比べると考えられないほど高利回りです。このような超高利回り商品は詐欺の匂いもしてきます。投資詐欺を避けるためにも、避けておいた方が無難です。

リスクとリターンのバランス

自分の資産や家計の状況を把握した上で、事前にどれだけの資金を投資に使えるのか決めておきます。最悪のケースを考えて、そのお金がなくなったとしても、生活に影響が出ない範囲で行うことが必須です。投資は自己責任なのが原則です。しっかり計算したり、考えましょう。

投資により期待できる収益を専門用語で「リターン」といいます。また、その収益を期待通り出せない可能性を「リスク」といいます。投資はリターンとリスクが常に隣り合わせになっていて、表裏一体となっています。

一般的に、高いリターンを得ようとするとその分リスクが高まる傾向にあります。リスクを低く抑えようとすると、当然ながら高いリターンは望めなくなります。