掲載記事数: 386【3/5 現在】

銀行口座の通帳レス化は相続の落とし穴になりうる

お金(生活)

相続する際には、銀行口座の特定が必要になりますが、近年の銀行では通帳レス化を進めていることもあり、遺族が特定しにくいという実情があります。遺族が特定できない銀行口座の残高は、当然ながらお金を引き出すことは不可能です。

通帳レスだと、エコの観点や手数料優遇などのメリットがある面、それが落とし穴になりやすいのです。

ペイオフ対策や用途別に口座を複数に分けている人は多くいます。原則的に店舗や通帳がないネット銀行も多く普及しています。これらすべてを把握している遺族はほとんどいないと思います。

このような銀行が増える中、どのような対策をしていけばいいのでしょうか。

生前に財産目録を作成しておく

相続のため、生前のうちにあらかじめ財産目録を作成しておくことで、相続をスムーズに進めることが可能です。

保有している資産を記録していく中で、「銀行名や支店名」も記録しておくと、あとで困ることは少ないと思われます。できるなら、通帳やキャッシュカードの保管場所も確認できれば、なお安心になります。

通帳レスをやめる

単純に通帳レスを行っているなら、あえて通帳ありに戻すのも手です。現状の銀行のサービス体系を見る限り、通帳のありなしにおいては少しばかりの手数料削減程度にしかなりません。思い切って切り替えてもらうのも良いでしょう。

ネット銀行の場合は、そもそも通帳がない場合があります。その場合は、ネット銀行のログインIDやパスワードを記録しておいてもらうなどの対策があると安心です。

銀行預金に関する関連記事

通帳に手数料!? 大手銀行が紙の通帳の発行を有料化を検討
三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクでは紙の通帳の発行を有料化、口座維持手数料を取るなどの...
満期が過ぎた郵便貯金、放っておくと払い戻し不能に
郵政民営化の前に郵便局に預け入れした貯金を「郵便貯金」といいます。実はこの郵便貯金、あまりにも長く入...
故人名義の口座が凍結、預貯金を引き出すには?
死亡がわかると、遺産保全のためにすぐ口座が凍結になります。同居の配偶者や子供であっても、自由に引き出...