掲載記事数: 355【1/10 現在】

エンディングノートの書き方とその内容について

その他
エンディングノートは自分にはまだ早いと思っていませんか?

私もまださすがに早いと思っていましたが、最近エンディングノートを書き始めました。

書こうと思った理由は、いまのうちに「未来のために書いておきたい」と思ったからです。

抵抗もあるかと思いますが、「エンディングノートはひとり一冊の情報ノート」として考えると書きやすいです。

エンディングノートは家族のため

たとえば、自分が入院した時に家賃をどの口座へ振り込むか、掛かりつけの病院はどこなのか、医療保険に入っているのかなど、家族がわからないなんてことはよくあります。

いくら家族や親戚でもわからない事がたくさんありますね。銀行や株式などの自分にしかわからないことも「もしもの時に役に立つノート」と考えて、家族が確認できるようにしておけば安心です。

エンディングノートの「書き方例」

元気で頭がクリアだからこそ書いておくエンディングノート。「家族を困らせない」ことは最大のテーマです。書いておくべき内容を洗い出しておきましょう。

自分の情報と家族への希望など

【自分の情報】

  • 生年月日
  • 住所と戸籍
  • 血液型
  • 運転免許番号と所在
  • パスポートと所在
  • 携帯電話番号、携帯キャリア

 

【家族への希望】

  • 葬儀には、どんな花を希望しますか?(流してほしい大好きなメロディーもあれば)
  • 使ってほしい遺影の写真や棺に納めてほしい物
  • お墓も時代の流れで散骨などの希望
  • 戒名は必要ですか?
  • 葬儀の告知する知人と友人(死後に連絡してほしい場合は、その事を記載しておくと家族も助かると思います)
  • 延命処置は希望しますか?
  • お墓をお持ちの方は、寺院や霊園の住所と連絡先

 

【資産の情報】

  • 銀行、支店名、口座番号、通帳と印鑑の所在
  • ネットバンクのIDとパスワード
  • 銀行口座自動引き落とし一環
  • 借入金やローン
  • 生命保険や証券の所在

 

【家族へのメッセージ】

  • パートナーへの感謝など、気恥ずしく今まで言えなかったこと
  • お子様へのメッセージ、伝えたいことやお子様への思い

夫へのメッセージも良いかもしれませんね。

「結婚してからずいぶんと経ちます。今まで苦労をかけました。私のことを支えてくれて本当に感謝しています。」といった感謝の言葉もすごく良いと思います。

 

【友人や知人へのメッセージ】

  • 友人への感謝、思い出など
  • 仕事仲間へのメッセージ

 

【医療や介護について(認知症などでの判断力の低下にそなえて)】

  • アレルギーなど(そば、小麦など)
  • 持病や常備薬などについて

エンディングノートには決まった書き方はない

エンディングノートには決まった書き方はありません。そのため、人によって書く内容も違います。

書く内容が思いつかないという人は、書店などで販売されているエンディングノートを購入してみてはいかがでしょうか。自分では気がつたない事も、ノートを辿っていけば思い出すでしょう。

エンディングノートには法的効力はありませんので、遺言書とは違います。ご自身の死後の相続財産については遺言書を別に書いておきましょう。

誰もがエンディングへ向かう

人は産まれた時からエンディングに向かって生きていきます。それがいつなのかは誰も予想できません。

遅かれ早かれ、いつしか必ずその時は来ます。そのタイミングで大切な家族や友人へ必要なメッセージを届けることは難しいため、エンディングノートをあらかじめ作成しておくという人が多いです。

作成する理由は人それぞれ違いますが、早いうちにご自身の人生を振り返ってみることをおすすめします。

40歳でも50歳でも、決して早くはありません。気軽に日記のように人生を振り返りながらパートナーに口では言えなかった感謝の言葉や、家族に伝えたい事から書いてみてはいかがでしょうか。