掲載記事数: 386【3/5 現在】

時代はミニマムライフへシフトする

掃除・片付け

断捨離、ミニマリストなど。物があふれ過ぎているそんな時代。

それらを一旦見直し、整理する機会が今やってきているのではないでしょうか。私たちは必要以上にモノを欲しており、目には見えない大切なモノを多く見失っているような気がします。

モノもココロも整理整頓をして、本当の豊かさを目指す時代が来ています。

自分のお部屋の整理から

まずは何より自分の部屋、起床・就寝をする場の生活空間をスッキリさせることが大切です。

また、仕事で疲れて帰宅した時にも、部屋の在り方で心を休めることにも影響を与えます。ミニマムな生活というのは、モノをただただ無くしていくということではありません。本当に必要なモノを残していくことにあるのではないでしょうか。

そうしたことで本当に必要のある「モノ」にだけ集中ができ、大切に扱うこともできるのだと思います。

工夫をすれば役立つ

物が整理整頓されすっきりした結果、「不便だな」「やっぱりあれは必要だった」なんて思うことが出てくると思います。

けれど、残ったモノを使ったり組み合わせて使ったりなどして工夫をすればできてしまうこともあります。そういったことで考える力や生活の知恵もついていきます。

「こんな使い方があった」「こう使えたならあれは特に必要なかった」

そういうことの発見がたくさんあることにも気づき、自分の生活にも向き合うことが出来ていきます。

心もミニマムライフ

モノがあふれ、ごちゃごちゃした世界で心も必要以上に疲れてしまう時代。

一度、モノを整理したことによって、その環境が心への影響も大きくあります。モノが少なければ何かを作業をする時に、集中力も高まるのではないでしょうか。

モノが少ない状態というのは、大自然の中にいる状態に近づいていく。自然の中にいるような安らぎの状態でいることで、日頃のココロの安定に繋がる。

そういう状態で生活をしていくと、自分と向き合う大切な時間にもなっていきます。 モノ中心の生活ではなく、心の在り方にシフトしていく。本当の豊かさを目指して。