掲載記事数: 386【3/5 現在】

「リバースモーゲージ」と「リースバック」どっちがいいの?

お金(生活)

リバースモーゲージ」や「リースバック」は、持ち家を保有している人の新たな活用法として注目されています。

どちらも家を売却することを前提に、いま住んでいる家に住み続けながら、売却資金を得られるという活用法です。子どもが家を引き継がない場合の合理的な運用買い手が見つかりずらい不動産特有の流動性の悪さをカバーできるなどメリットがあります。

ただ、「リバースモーゲージ」と「リースバック」の双方を比べてみると、どちらが自分に合っているのかわかりにくいものです。

しかし、双方のデメリットを知ることで、自分に合った選択ができる場合があります。まずは、「リバースモーゲージ」と「リースバック」について再確認していきましょう。

リバースモーゲージについて

リバースモーゲージは、自宅を担保にして金融機関からお金を借りる仕組みです。不動産担保融資にかなり近いと考えて良いです。

自分が死亡した場合や契約期間が満了した場合に自宅を売却して、借入金の返済に充てます。

通常の融資と違うのは、最後にまとめて返済する特約があるため、月々の返済がないことです。借りたお金は、老後の資金としてフル活用できることが最大のメリットでしょう。また、自宅が担保となるので、高齢でも融資契約を受けられます。

リースバックについて

リースバックは、不動産業者に家を売却し現金を受け取ります。その後は買主の不動産業者に家賃を払いながら、その家に住み続ける方法です。

一括で売却金額を得られるので、老後の生活資金などを一気に集められます。まとまった資金が必要な時に活用できるメリットがあります。

また、住宅ローンが残っていても、その差額を埋めて契約することができることも特徴の1つです。ちなみに売却後に家を買い戻すこともできます。

リバースモーゲージのデメリット

リバースモーゲージには、あらかじめ契約期間を設定して、その期間終了後に家を売却して一括返済する契約方法があります。このような契約の場合、自分が思っていたよりも長生きして元気な場合に家を出ることになります。契約年数や契約方法は十分に考えたほうが良いです。

契約したあとに、金融機関は不動産の評価基準を見直します。その調査により、担保割れした場合は契約期間前に一括返済を求められる場合があります。景気の変動や地価の下落などには注意が必要です。

その他、子どもと同居している場合や戸建ての住宅以外の場合は契約することが基本的にできません。

リースバックのデメリット

リースバックの場合は、先に売却するという特性上、所有権が移ります。後に買い戻すという選択肢もありますが、所有権がないというのはリスクに感じることも多いでしょう。

リバースモーゲージとは違い、家賃が発生するのはネックです。実はこの家賃は売却金額に依存しているケースが多く、売却金額が高額であるほど家賃が高くなり、売却金額が安い場合は家賃は抑えられます。この売却金額は買主と交渉できるので、売却金額の設定は慎重に行いたいものです。