掲載記事数: 320【12/09 現在】

栃木県のいちご(とちおとめ)を使ったお土産5選

その他

栃木県の名産品といえば、「とちおとめ」を挙げる人も多くいます。とちおとめとは、いまや全国区となった栃木県で生まれたとても美味しいいちごです。

人気の理由
果肉の紅赤が美しく、食べてみると甘み酸味のバランスが絶妙でもあります。そんなことから全国で愛されているいちごなのでしょう。

とちおとめを使ったスイーツのお土産もたくさん販売されていて、地元でも愛されています。多数あるとちおとめを使ったスイーツの中から、厳選したお土産をご紹介いたします。食べてみた感想も一緒にどうぞ。

とちおとめパイ

出典:JTBショッピング

和を感じる赤いパッケージがまず目を引きます。

赤いパッケージを開けると、美味しそうないちごの風味を感じ、パイならではの食感でもあるサクサク感と、とちおとめの風味が鼻から抜けていきます。

パイ生地に栃木県名産のとちおとめを練り込んでいます。コーヒーはもちろんですが、紅茶、日本茶でも美味しく頂けます。随所にこだわりを感じるお菓子でした。

詳細はこちらJTBショッピング)

とちおとめチョコ大福

出典:JTBショッピング

いちご大福は有名ですが、あんをチョコレートに変えた商品です。

栃木県のとちおとめがお餅に練りこんであります。いちごらしい色合いがかわいらしいですね。

食べてみると、特製チョコレートクリ―ムを包むお餅からいちご風味を感じることができます。お茶と一緒にいただくと一層美味しくいただけます。ちょっと甘めな印象です。

詳細はこちらJTBショッピング)

とちおとめバームクーヘン

出典:JTBショッピング

ホワイトチョコスウィートチョコの2種類の味が楽しめる、ミニバームクーヘンセットです。化粧箱がとても美味しそうなので購入してみました。

チョコレートをコーティングしていますので、冷蔵庫で少し冷やしていただきます。

程良く冷やしたホワイトチョコバームクーヘンは、噛むとパリッと割れ、ふんわりとしたバームがおいしいとちおとめのクリームと融合します。いちご味とホワイトクリームが合うのは初めて知りました。

おいしい余韻を残し、次はスウィートチョコバームクーヘンも食べます。ホワイトチョコのバームクーヘンと同じ触感ではありますが、味が若干異なります。こちらもおいしいかったですが、2種類の味が楽しめるので良かったです。

詳細はこちらJTBショッピング)

とちおとめゴーフレット

出典:JTBショッピング

ゴーフレットとは、フランス語でデコボコ模様の平たいお菓子という意味です。気になりましたので調べてみました。

栃木県名産のとちおとめを使ったゴーフレットもあったので、せっかくなので買ってみました。今回もコーヒーを入れて、とちおとめゴーフレットを堪能したいと思います。

とっても軽いこのお菓子は、かわいい袋を開ける前から食感が想像できます。軽い歯触りのゴーフレットの中には風味豊かないちごクリームがサンドされています。

軽い食感といいますか、サクサク感といちごクリームの風味が美味しさを堪能しているうちに一箱10枚食べてしまいました。美味しいと止まらないというのは、このことでしょうか。コーヒーの美味しさもひき立ててくれます。ごちそうさまでした。

詳細はこちらJTBショッピング)

スカイベリーミルフィーユ

出典:JTBショッピング

最後はとちおとめではなく、スカイベリーを使った商品を紹介します。

栃木県はいちご王国とも言われますが、数々の品種を生み出していることも有名です。新しい品種としてスカイベリーもその1つ。スカイベリーは、糖度と酸度のバランスが良く、味わいはジューシーとのことです。

新品種スカイベリーを使ったこの商品にも期待が高まります。早速食べてみます。

主役のいちごクリームがずっしり。濃厚な味が良いです。さっくりとしたパイも美味、いちごを使ったクリームの美味しさは私のお墨付きです。とちおとめを使ったお菓子に比べて、こちらの方が濃い味に思いました。

詳細はこちらJTBショッピング)