掲載記事数: 320【12/09 現在】

喪中はがきで初めて訃報を知った場合、香典はどうする?

冠婚葬祭

本来であれば、亡くなられた際に知らせが入ることで、その際に香典を渡すことができます。しかし、今回は喪中はがきで訃報を知った場合となり、亡くなられてから時間が経過しています。

気になる疑問として、香典を送るべきか悩むところでもあります。

いろいろなケースもあると思うので、ケースごとに考えていきたいと思います

喪中はがきで訃報を知った場合の香典

まず、一般的に香典は送るべきかどうかですが、香典は避けたほうが良いでしょう

喪中はがきでお知らせをくださるときは、葬儀も終わって落ち着いている頃かと思います。香典をお送りすると、香典返しの準備が考えられます。香典を送ることで逆に手間になってしまう可能性があるからです。

ここはお電話寒中見舞いをお送りすることがベストだと思っています。

返礼辞退の旨を一筆入れて香典を送るという人もいますが、ご遺族としては香典返しをしないわけにはいきません。逆に喪中はがきを送ったことで、香典を催促してしまったと感じさせてしまう可能性もあります。

親しい友人ならば…

こちらの強い意向で香典や香典の代わりになるものを送ってもいいかと思います。また、香典の代わりとしてお菓子やお花を送るという方法もあります。お花代としてお送りするのも良いでしょう。

金額としては、3,000~5,000円程度で問題ありません。

意向を考慮する

故人やご遺族の意向でお通夜や告別式の知らせがない場合もありえます。やはり、香典をお送りするよりも、電話や寒中見舞いでお悔やみの言葉を添えるほうが良いでしょう

近距離であれば伺う

近距離であれば、お線香を供えたいと伝えてお伺いすると良いでしょう。きっと、ご遺族も喜んでもらえたり、励まされたりすると思います。

遠距離の場合の訪問も悪いことではありませんが、ご遺族が気にされるかもしれません。