掲載記事数: 263【10/24現在】

下半身が太い女性にありがちな行動とは?

健康

最近、下半身が太くなってきました。「年のせいかな…?」なんて軽く考えていたのですが、調べてみるとそうではないようです。

下半身ばかり太くなるのには、実は理由があるのです。

理由さえ解れば改善もできます。今回は、下半身が太い女性にありがちな行動をご紹介していきます。

「下半身ばかり太くなる」その理由

よく脚を組む

椅子に座った途端、すぐ脚を組んでいませんか?

無意識に脚を組むという行為は、もしかすると骨盤が歪んでいるのかもしれません。人間が脚を組むという行動は、バランスを保つ行動でもあるのです。

実は骨盤が歪んでいてバランスを取るために脚を組んでいるのだとしたら、外太ももに筋肉がつきやすくなります。結果的に太ももが太くなってしまうのです。逆にお尻の筋肉がどんどんと弱くなってしまいますので、お尻が垂れる傾向があります。

椅子に座るときは、脚を組まないようにし、足裏全体を地面につける座り方をするようにしましょう。この時のポイントとして、左右のお尻に均等に体重を乗せるようにすると良いです。すでに骨盤が歪んでいると感じる人には、骨盤をサポートするクッションを使うことをおすすめします。

骨盤サポートクッション(楽天市場)

片足に重心を置く癖がある

外出時の待ち時間(信号待ちなど)で、片足に重心を置きながら待ったりしていませんか?

こちらも先ほど同様に太ももに負担がかかるため、脚が太くなる原因につながってしまいます。お尻もたるみがちになりますし、将来的に捻挫する危険性もあります。

なるべく、両足に体重をバランスよく分けることを意識すると良いでしょう。

高いヒールの靴をよく履く

ヒールばかり好んで履いていませんか?

ヒールのある靴をよく履く人は、つま先に重心が行きがちになります。ヒールがない状態で歩いた時にフラつくという人は特に要注意です。

つま先に重心がいくと、内ももに負担がかかるために脚が太くなる傾向があるのです。できれば、ヒールは低いものを選ぶようにし、日常的にヒールばかり履かないようにしていくと良いです。

まとめ

意外なところに脚が太くなる(下半身太り)原因があるものです。特に女性はファッションなどからも、脚が太くなる原因が多くなりがちです。

日々の行動を見直すことで、脚を太くならないようにしていきましょう。