掲載記事数: 263【10/24現在】

現金払いを変えるだけで節約効果が生まれる

未分類

公共料金や日々の生活費を現金払いしている人は、口座振替やクレジットを活用することで節約につなげることができます。

特に日々の固定費だけでも、年間にするとそれなりの金額になるものです。見直しするなら今かもしれません。

固定費の支払いはクレジット

まず、ガスや電気代などの公共料金は口座振替をしている人が多いと思いますが、ここはクレジットの方がお得です。口座振替同様に払い忘れを防げるのはもちろん、利用料金にクレジットカード独自のポイントがもらえるからです。

しかも、固定費に対してはボーナスポイントを加算してくれるカード会社も多くなっています。自分の持っているクレジットカードのうち、一番お得なカードを選び、クレジットカード払いにするだけです。

上手くポイントを貯め、活用できれば大きな節約効果を得られるので検討しましょう。

クレジットカードが苦手な人はデビットカード

クレジットカードの扱いが苦手だという人も多いと思います。そんな方には、デビットカードの利用をおすすめします。

デビットカードは審査不要で誰でも持てるカードで、クレジットカードと同じように使えますが、借金とは違い、銀行口座から即時引き落とされるので、入金してある分しか支払いに使えません。限りなく現金払いに近いカードなのです。

ただし、公共料金の支払いが可能となっているデビットカードは少ないので注意が必要です。公共料金の支払いがデビットカードで使えるものでも、どの公共料金の支払いが可能なのかはデビットカード発行各社で違いがあります。

電気代やガス代の支払いが可能でも、携帯電話料金の支払いは不可になっているなどがあるので、よく確認しておくようにしましょう。

デビットカードのメリットとしては、現金感覚で取り扱えて履歴も残るので、家計管理がしやすいです。クレジットカードよりも還元率は低めですが、ポイントも貯まります。