掲載記事数: 263【10/24現在】

お風呂掃除は「熱」と「湿気」をとるのが最大のポイント

掃除・片付け

毎日使うお風呂はカビがはえやすく、掃除が面倒です。ですが、小まめに行っておけばさほど大変なことにはなりません。

「熱」と「湿気」をとるのが最大のポイントです。

毎日のお風呂の最後にほんの少しやるだけで、カビだらけになったり、掃除するのも嫌になってしまうほど汚れたりはしません。簡単なことなので、小さいお子さんがいてもできるくらい短時間でできます。

「熱」と「湿気」をとる

お風呂は温まるところ。でもその熱をそのままにしておくと、カビが生えやすくなってしまいます。お風呂を出る時に最後、水のシャワーで壁や床を流します。湯気や熱が取れます。

そして、100円ショップでも購入できるハンドワイパー(車の清掃に使うようなもの)を使って、水気をとります。水をかけた壁や湯舟を下方向へ、床は排水溝へ向かって、水切りをします。

最後は大きなごみをとり、気になるところをチェック

最後は使い終わった歯ブラシで、排水溝のごみを取り除きます。お風呂の床に敷くマットの裏の凸凹部分もよくぬるっとぬめりやすいので、そこも少し歯ブラシでこすります。

他にも、お風呂イスや洗面器など気になるところがあればこすっておきます。それだけでぬめりは取れます。

シャンプーボトルの底がよくぬるぬるしますが、タオルかけに詰め替え用パックをひっかけるグッズを使うと、シャンプーなどはボトルを使用しなくていいので、掃除も楽になります。

湯垢はお酢につけてとる

お風呂イス、湯舟のお湯が入る上端、洗面器などは、どうしても湯垢がついてしまいます。メラミンスポンジでこすってもなかなか取れず、掃除が大変です。

湯舟にお湯が残っている状態で、安いので良いのでお酢を入れます。250ml~300mlほど入れてよく混ぜ、湯垢のついたものをつけこんでおきます。しばらく(半日程度)すると、湯垢が柔らかくなっているので、こするとすぐに落ちます。