掲載記事数: 263【10/24現在】

地震保険は2019年に値上げ予定、加入予定ならお早めに

お金(投資・節約)

東日本大震災(2011年)、熊本地震(2016年)、北海道胆振東部地震(2018年)と大きな地震が続いている日本。

日本は4つのプレートの境目に位置しているため、地震が多く起きる地域です。地震はいつ発生するかもわからないことから、常に地震を意識した生活が必要になってきます。

大きな地震が起きた時に助けとなる「地震保険」も生活には欠かせないものとなりそうです。近年では、大きな地震が頻発していることから、地震保険に新たに加入したという人が増えているといいます。

もし、地震保険に加入したいと考えている人はできれば年内に入っておいた方がとてもお得です。その理由はいくつかあります。

地震保険は値上がり傾向にある

東日本大震災を受けて、今後の地震リスクを専門家が検証・予測した結果、日本は地震のリスクが高まったことがわかりました。この結果を踏まえて、地震保険を値上げする必要があると政府や専門機関が判断したことが値上げにつながっています。

国や専門家が必要だと判断した値上げ幅は14.2%(全国平均)となっており、大きな値上げ幅になっていることから段階的に値上げしていくことが決まっています。具体的な値上げ幅は2017年に5.1%、2019年に3.8%、2021年は未定(いずれも全国平均)

北海道胆振東部地震を受けて

東日本大震災以降、引き続き大きな地震が起きています。専門家によれば、さらなるリスクにつながると考えもあるようです。もしかすると、地震保険の値上げはしばらく続く可能性もあります。

地震保険を契約するのであれば、値上げ前にできるだけ長い期間の契約を結ぶと保険料の節約につながるでしょう。特に直近の金利状況から、2019年は短期の契約が増えるという見込みもあるので、いまが絶好のチャンスといえそうです。

保険料は一括払いすることでさらにお得に

地震保険に限らず、保険商品は一括払いすることで割引を受けることが一般的です。長期で契約するのであれば、長期割引を受けられる場合もあります

このような割引を駆使することで大きな割引を受けると、家計への負担を軽くすることができるので、ぜひ使っていきたいものです。