掲載記事数: 263【10/24現在】

家族との関係を大切にする、定年退職後の振る舞い方の注意点は?

その他

定年退職をしたら自宅にいる時間が長くなりますが、振る舞い方によっては家族を不快にしてしまう事もあります。家族に距離を置かれてしまう事もあるので、注意が必要です。

そこで定年退職後の振る舞い方で注意したい点を確認しておきましょう。

偉そうな態度はしないようにする

会社に勤めている時に部長や課長などの肩書きがある人は、部下に指示する事も多くなるので、偉そうな態度を取ってしまう癖が付いています。

会社の中では肩書きがあるので、偉そうな態度を取るのを認めてくれる人も多いです。しかし、肩書きは会社からもらっているもの。定年退職をした後は普通の人になります。いつまでも会社に勤めていた時のような偉そうな態度を取っていると、家族も嫌になってしまうのです。

謙虚な態度で接する事を心掛けるようにしましょう。

出来るだけ家事を手伝う

会社に勤めている時は仕事で忙しい事も多いので、家族が家事をしてくれていたでしょう。

しかし、定年退職後は自宅にいる時間が長くなるため、家事をしないと家族は暇なんだから手伝ってほしいと思うようになってしまいます。

それで不満が募って嫌になってしまう事も多いので、定年退職後も家事をしないのは改善していかなければいけません。

料理などは少し難しい部分もあるでしょう。まずは洗濯、掃除、お風呂を沸かすなど出来る範囲内で家事を手伝うようにしてみましょう。

家族を大切に

定年退職をした後も家族とは長い付き合いになります。関係が悪くなってしまうとお互いストレスを溜めてしまい、居心地も悪くなってしまいます。

定年退職後の振る舞い方には注意するようにしましょう。