掲載記事数: 263【10/24現在】

故人が利用していたSNSは親族なら引き継ぐことができるのか

健康

気になる故人のSNSの継承について

最近、爆発的に増えているSNSやブログサービス。多くの方が趣味やビジネス等で利用されているかと思います。

故人が生前利用していたSNS等のサービスを引き継ぐことができるのか? 遺族として引き継ぎたいと考える方は実は多いよう。そんな素朴な疑問から大手サービスの対応状況を調べてみました。

基本的にはサービス事業者による

規約等により継承ができるサービスは身元確認が取れれば、サービスの継承が可能のようです。すべてはサービス事業者の判断となっているので、該当のサービスがあれば、是非を問い合わせをしてみると良いと感じます。

フェイスブックやインスタグラムの対応は…

規約を確認したところ、どちらのサービスも承継は認めないとのこと。アカウントの削除は対応可能とのことです。本人しか利用できない規約を貫いている状況となる。

ただ、「追悼アカウント」という機能を有しており、この機能を利用するとページにはログインができなくなることで乗っ取りから守れる仕組みを持っていました。

ちなみにLINEについても同様に本人以外の利用は認めていない状況となっていました。

デジタル遺品について

デジタルの遺品というのは本来は普通の遺品と変わらない性格を持つべきと感じます。また、サービス事業者も考える時期に到達しているとも感じています。

放置するというのがいまは一般的のようですが、そうではなく訃報を投稿したり、追悼アカウントでありつつも遺族が投稿できる仕組み作りは逆にあったほうがSNSらしいような気もします。

今後、いつになるかわかりませんが規約の変更がある可能性も十分にあるかと思います。個人的にはデータのバックアップやダウンロードができたら、もっと良いサービスになると感じました。