掲載記事数: 263【10/24現在】

定年退職した際の健康保険は任意継続することで節約に

お金(投資・節約)
サラリーマンの定年退職、退職後は無職となる場合は勤めていた会社の健康保険を任意継続することでほとんどのケースで保険料が割安になります。
一般的には「国民健康保険」か「勤めていた会社の健康保険を任意継続」のどちらかを選択となりますが、ここで「国民健康保険」を選択してしまうと退職前の給料を基に保険料が算出されてしまうため、割高になってしまうのです。

一方、任意継続の場合は「全被保険者の標準報酬月額」もしくは「退職時の標準報酬月額」の少ない方を選択するというルールにあるため、国民健康保険よりも割安になりやすい。

お得な任意継続を基本的におすすめしますが、選択する場合においてはいくつか注意点もあるので解説しておきます。

退職日の翌日から20日以内

勤めていた会社の健康保険を任意継続する場合は、協会けんぽの都道府県支部へ手続きが必要となります。(郵送でも可)

この手続きには申込期限があり、退職日の翌日から20日以内となっていますので忘れずに行いましょう。郵送の場合は期限以内に書類の到着が条件です。

退職の翌年度末は見直しの時期

退職して1年経過すると、多くの人は収入が大きく減っている場合が多いです。この場合では、そのまま任意継続するよりも国民健康保険の方が安くなることもあるので、見直しを検討しましょう。

国民健康保険の保険料は自治体によって異なるため、市区町村の窓口にて確認すると良いです。国民健康保険の方が保険料が安いと解れば、切り替えのチャンスにもなります。

任意継続の脱退については脱退の手続きは不要で、保険料の支払いがなければ自動的に脱退となります。

まとめ

  • 多くのケースで国民健康保険より任意継続の保険料の方が割安ということ
  • 任意保険は1年経過で国民健康保険の保険料と逆転する場合があるということ

時期をしっかり見極め、少しでもお得な保険料を選択することが大事です。