掲載記事数: 263【10/24現在】

定年後はネットにハマってしまう方が増えている

健康

定年後はネットにハマる方が急増!?

インターネットは、現代において生活に欠かせない便利な情報ツールです。

気が付くとネットニュースやネット動画を見続けてしまい、気づいたら時間をネットばかりに費やしてしまうことも多いのではないでしょうか?

しかも、定年後は自由な時間が増えることもあり、この年代からネット依存症になってしまう人が増えているといいます。

定年後のネット依存症は様々の弊害が多かったりもします。気を付けていきたいものです。

ネットがストレスになることも…

SNSや掲示板で他人の生活や意見を見て、感情を害されたりとストレスになることも多いです。

SNSで書き込まれている情報の多くはその人の生活で楽しかったことの一面でしかありません。自分と違うからと言って妬みをもつこともあります。フォローやコメントを書くのもストレスになることも…。

もし意見交換の掲示板やSNSがストレスになっているなら、そのブックマークをはずし見ないようにする、もしくはアカウントを削除してしまうほうが良いでしょう。見なければ知らずにすむ上、余計なストレスを抱えることもありません。

自分にとって必要な情報

もちろん、ネット上には生活をする上で有益な情報や、参考になる意見も数多くあると思います。

大切なのは自分がいま必要な情報を何か?」ということを自覚し、検索やニュースの選択を行うことです。本当に欲しい情報は何か意識することで情報収集の能力をつけることができます。

ブルーライトは目に良くない

長時間モニターを見続けてることは目の健康にもよくありません。

ブルーライトは視力の低下、ドライアイ等が引き起こされます。

ネットのモニターを見ないようにすることは目の休息になり、ストレス解消もできます。たまには家から出て、スマートフォンの電源を切って、緑のある自然の中を散歩するのも◎