掲載記事数: 263【10/24現在】

交際費の見直し、知人や身内との付き合いを考える

お金(生活)

交友関係が多いほど、交際費がかかってしまうものです。

生活環境が変わる定年やリタイアなどを機に、交友関係を見直してみるのも良いかもしれません。

仕事関係の付き合いは減るでしょうし、他にも疎遠になってしまっている知人などとの付き合い方を変えていくのも一つの方法です。

知人との付き合い方を考える

浅く広く、知人と交友関係を持つことも一つの付き合い方ですが、その分、自分のお金と時間を費やしてしまうことになります。どの付き合いも必ずしも有益になるとは限りません

場合によっては義理のみで参加して、かえってストレスや疲労が増えてしまうこともあります。考えようによっては、そのような付き合いが多いことは、時間とお金の無駄使いにしかならないこともあります。

自分から疎遠にしていくことは難しいかもしれませんが、そのような知人とは徐々に距離を置いていくというのも一つの方法です。

身内との付き合い方を考える

身内との関係は知人と違って、たとえどんな相手でも付き合っていかなければいけないところがあります。しかし、義理やしがらみだけで付き合いを続けていると、お互いがストレスを溜めてしまい、疲れてしまいます。

身内だからこそ、適度な距離を保つことが必要だと思います。適度な距離を保つことは、細く長く、良好な人間関係を築いていくためにも重要です。

そのためにも必要以上に交際に時間やお金をかけないことも必要です。

冠婚葬祭などの考え方も変わってきていますので、見栄を張りすぎず、お互いが無理をしないような方法を選んで行くようにしたいものです。

交際費の節約

毎月の必要経費をいくら節約しても、冠婚葬祭やそれ以外の交際費で、急にまとまったお金が出てしまうことがあります。

交友範囲が広いと、その分交際費もかかってしまいます。定年やリタイアなどを気に、交友関係を見直して行くことで、交際費や時間の節約にも繋がります。