掲載記事数: 263【10/24現在】

老後の生活破綻は人生の破綻、節約で人生を明るくしよう

お金(投資・節約)

正社員が定年退職を迎えると、今まで毎月支給された給料から年金へ変わるため、多くの方は収入減になります。

現役当時(正社員当時)の生活を続けたら生活は破綻してしまいます。若い自分であればやり直しがきくことも、定年退職をした年齢の者に与えられる仕事や収入は限られているため、そのままズルズルと破綻した生活を送ることになりかねません。

そうならないためにも、収入減になる老後は節約に務めることが必要だと感じます。

保険を変えた途端に病気になる

節約する際は、服代や趣味に掛かる費用など生活する上で重要度が低いものから切り詰めておき安心安全に関わるものは極力最後まで変更しないほうが良いです

趣味を老後の楽しみとしている方は多いですが、お金の掛かる趣味は生活費を圧迫するため、現役中に買い揃え、老後は極力出費を抑えるようにしましょう。

現役中は夫婦各自の趣味をすることができても、退職後は収入減になるため、老後は夫婦共通で行える趣味だと出費を抑えられます。

毎月コンスタントに掛かる出費で多くを占めるのが保険の費用。老後は病気や怪我になるリスクが高まるため、保険の大きな見直しや削減は極力しないことをおすすめします。保険を変えた途端に病気等になるというのは老後の生活でよく聞く話です。

60歳になったらお得なシルバー割引をチェックする

レジャー等で施設を利用する際は、60歳以上だとシルバー割引サービスが受けられることが多いです。そのため、年齢を証明できる免許証や保険証などを常に持参しておくと良いでしょう。

施設側としては割引サービスは収入減になるために大々的に宣伝していないこともあります。前もって確認すること、他にも夫婦割引など割引率の高いサービスもあるかも確認しておくと良いです。

時間帯を変えるだけで同じサービスがお得に利用できる

現役当時と時間帯を少し変えるだけでも節約が可能なサービスも多くあります。

現役当時は忙しくても老後には時間的余裕が生まれるため、利用者が空いている時間帯の早朝や平日等を狙うと良いです。ホテルやランチなどは特に割引率は高いことが多いです。同じサービスでも大きな割引が受けられるため、大変お得です。

節約を楽しむ

節約のことばかり考えると精神的ストレスになるという方は多いですが、お金を浪費して生活が破綻した時の精神的ストレスに比べれば大したことはありません。節約をマイナスなイメージに捉えるのではなく、節約は出費を抑えられるプラスのイメージに捉え、楽しみながら節約をしましょう。