掲載記事数: 320【12/09 現在】

喪中はがきで訃報を知った場合の対応の仕方

冠婚葬祭

突然喪中はがきが届きました。

このように喪中はがきを頂いてから、初めて訃報を知るというケースも少なくはないです。

たまに会うというような友人や同僚といった間柄の人であると、わざわざ葬儀に来てもらうのも申し訳ないということで、あえて知らせないでおくという人も多いです。

相手もあえて連絡をしなかった場合において、これからどうしたらいいのか迷ってしまうものです。面識のない親族の方であれば、香典などをお送りすることで気を使わせてしまうとも感じてしまいます。

では、どのような対応が良いのか考えていきましょう。

喪中はがきで初めて訃報を知った場合の対応

何よりもまず連絡を取ることが一番です。

今回の場合、喪中はがきという形で連絡があったので、まずは電話や寒中見舞いといった手段で相手に対してお悔みの一報を入れておくと良いと思います。

ただ、故人が友人のご両親だったなどであれば、電話でお悔みの連絡を入れ、弔問や香典についてお伺いしていいか聞いてみるのも良いでしょう。面識のない親族の方などであれば、香典などをお送りすると相手に気を使わせてしまう可能性が高いので、確認することは大切かと思います。

一般的には故人の方と自分のつながりがどの程度あったかで判断することが大事です。お渡しする金額についても、葬儀に参列する際と同額で問題ないと考えます。

訃報について対応はケースによって違うので難しいことも多く悩みがちになりますが、すぐに連絡することを意識していくことで大丈夫だと感じます。

香典は送ったほうがいい?

喪中はがきで初めて訃報を知った場合、香典はどうする?
本来であれば、亡くなられた際に知らせが入ることで、その際に香典を渡すことができます。しかし、今回は喪...