掲載記事数: 263【10/24現在】

70歳以上で働く、厚生年金の加入は必要あるか

お金(生活)

60歳で定年退職して、もう現役は終わりという方は少なくなってきています。それは定年の引き上げや継続雇用などが増えてきているからです。60歳以上でも働いているという方は半数を超え、中には70歳以上も働くという方もいるでしょう。

60歳以上では国民年金保険料の加入はなくなりますが、厚生年金保険料の加入は続きます。気になるのはいつまで加入し続けるのかでしょう。

そこで、今回は70歳以降の厚生年金についてご紹介していきます。

厚生年金の加入はいつまで

実は厚生年金に加入できる期間は決まっています。

厚生年金の加入は70歳までとされているのです。それ以降は、加入したくてもできません。70歳になると、健康保険と介護保険だけに加入するということになります。

年金受取額は増えるのか?

70歳まで厚生年金に加入するということに抵抗を感じる人も多いでしょう。

安心してください、加入期間が長い分年金の受け取りは多くなります。たとえば、65歳以降ずっと厚生年金に加入している人は、65歳から70歳までの厚生年金の加入期間をプラスして年金受取額が計算されるということです。

年金の再計算は加入期間を終える、もしくは70歳時に年金受取額の再計算が行われます。65歳以降70歳まで厚生年金に加入していない人は、70歳時点での年金の再計算はありません。