掲載記事数: 263【10/24現在】

エアコンは節約せずに他の家電を節電する方法

お金(投資・節約)

電気代がどんどん上がってきているので、今年の夏場は電気代が気になる…。そんな方もけっこう増えてきています。そんなあなたにオススメの節電方法です。

エアコンは節約せずに節電する方法

夏場は冷房関連家電をよく利用することが多くなることから、電気代はやや高くなってしまうことでしょう。

熱中症予防の観点から、節約・節電のためにエアコンを節約するといった行為は避けたい所です。それでも、節電できる方法はいくつかあるのでご紹介したいと思います。ご参考にしてください。

テレビの節電

テレビの電力は画面の明るさに比例すると言われております。ちょっとだけ、画面を暗くしてみてはいかがでしょうか?

暗すぎは目にストレスなので気を付けましょう。使用していないときは主電源を切るようにするなども効果的です。

照明の節電

初期投資はかかるものの、LED照明に替えてみると大きく節電が可能です。とりあえず、一番よく利用するリビングの照明だけを交換してみるのをオススメします。

効果が実感できれば、他も替えてしまいましょう。

冷蔵庫の節電

冷蔵庫は家庭の家電の中でも高い電力を占めています。設定を弱めにしてみると、そこそこの節約となりますので設定をご確認ください。

古いタイプの冷蔵庫は電力を多く使用してしまうため、新しい省エネタイプに替えてみると良いです。冷蔵庫内を詰めすぎると、冷却効率が悪くなり電力を消費してしまいます。冷気が出る口周辺をある程度開けておくことも意識したいです。

まとめ

節電効果の高いものを多くご紹介しました。これだけでも大きく節電することは可能となりますが、さらに節電するにはこまめに掃除することも大事です。

たとえば、エアコンの場合。フィルターが汚れていれば、より強い電力を消費してしまうので定期的に小まめにお掃除しておきたいです。汚れは家電にとってもダメージになってくるので、大切にするためにもしっかりケアしてあげたいですね。ものを大切にすることで節電につながり、家電の長持ちと節電で二重の効果が得られます。