掲載記事数: 263【10/24現在】

いまから覚える、仮想通貨と電子マネーの簡単な違い

お金(生活)

仮想通貨といえば、「ビットコイン」が一番有名かと思います。株式顔負けの急騰急落を繰り返し、荒い動きをすることからたびたびニュースで目にします。

仮想通貨は正式名称は「デジタル通貨」といいますが、すでにメジャーになりつつある電子マネーとは異なる存在です。

実際にどう違うのか、わかりやすくご説明していきたいと思います。

電子マネーについて

有名な所でいうとWAONnanaco、そしてSuicaなどのことです。電子マネーはほとんどの方が利用していると思います。

実はこれらも仮想通貨の一部だったりします。目にすることはできずに電子的に管理され、取引されます。現金との大きな違いとしては、実物を目で見れるかどうかが大きなポイントです。

現金の発行元は日本銀行であり、日本国が担保しています。電子マネーについては各発行元の企業が信用で担保しています。企業が信用があるために、これらの電子マネーが決済に使用できるということになります。

仮想通貨について

仮想通貨電子マネー改正資金決済法で明確に区分されており、一応別物です。主な違いとしては相場があって変動するという点です。

WAONポイントnanacoポイントは国を超えての取引はできませんが、ビットコインなどの仮想通貨は各国の通貨と掛けあわせて取引されます。為替のようなものにかなり近いです。

このことから常に変動相場の元で価値を見出しているのです。このような特性から、ニュースにもあるように急騰や急落を演じたりします。

電子マネーと仮想通貨の簡単な違いをまとめ

簡単な違いとして抑えておきたいのは「変動相場制」があるかないかの違いです。ここだけ抑えておけばわかりやすいと思います。

実際にビットコインなどの仮想通貨では商品を買うこともできますから、ほとんど電子マネーに近いのです。

仮想通貨と呼ばれてはいるものは、電子マネーのように実際に使えることができる上、日々価値が変動する電子マネーでもあるということです。

何だか仮想通貨には怖いし抵抗がある」「そもそもわからない」と思う方が圧倒的に多いのですが、この説明ならわかりやすいのではないでしょうか。

ものは試しで仮想通貨を少額持ってみるのも良いかもしれません。たとえば、ビットコインは1円でも買うことができます。私も社会勉強を兼ねて少額のビットコインを持っています。