掲載記事数: 263【10/24現在】

定年後に働いていると年金が減額されることがある

お金(生活)

年金の支給開始年齢の引き上げにより、60歳になってもすぐには年金をもらえない環境となっています。そのため、60歳以後も働くことを選択する人が多いのです。このケースで気になるのは、働いているときに年金はもらえるかどうかでしょう。

実際に60歳以後は働いていても、年金をもらうことができます。ただし、年金が減額されるケースがあります。ケースによって異なるので、しっかり確認しておきましょう。

働き方により、調整される

働いていても、年金をもらうことができます。ただし、給料の金額と、本来もらえるはずの年金額に応じて、年金額の一部または全部がカットされる仕組みがあります。

この仕組みを「在職老齢年金」といいます。収入があるので、一定額以上の年金は必要ないという考え方によるものです。

なお、勤めているとその期間は厚生年金保険に加入し、その保険料を納めます。この保険料は、退職後の年金に反映されるため、その分厚生年金は増えることになります。

働き方によっては年金は減額されないことも

在職老齢年金の「在職」とは、厚生年金に加入している事業所で働くことを指しています。そのため、次のような働き方なら在職老齢年金の適用は受けないのです。

① 5人未満の個人事業所で働く
理由 厚生年金の適用がないため

② アルバイトやパートタイマーとして働く
理由 所定労働時間が週30時間未満などで厚生年金の適用がないため

ただし平成28年10月から加入対象の拡大が実施されており、所定労働時間週20時間以上でも、月額賃金8.8万円以上、勤務期間1年以上見込みなら加入対象となりますので、注意が必要です。

また、公務員として働く場合も厚生年金となります。

③ 独立して自営業を始めた方
理由 厚生年金の適用がないため

④ 株式譲渡益や不動産収入を得ている場合
理由 厚生年金の適用がないため