掲載記事数: 263【10/24現在】

知っておきたいお香典の由来と相場について

冠婚葬祭

親戚が亡くなった、あるいは近所の方が亡くなった時、悲しい気持ちと残念な気持ちはもちろんですが、「お香典はいくら入れるか」で少し悩みませんか?

親戚なら何万円など、他の親戚がいくら香典袋に入れるのか気になるところです。多くても失礼にあたる事もあり、少なくても気持ちがないと思われたり、ケチと思われる心配がありますので、「お香典の相場」を調べてみました。参考になれば幸いです。

お香典の由来

香奠(こうでん)」とも書かれるお香典ですが、一般的に葬儀などの際、亡くなった方に供える金品のことです。また、香典を包む封筒は通常、「香典袋」と言われますが、「不祝儀袋」とも言います。故人の宗教によって袋自体が異なることも特徴です。

通常は、香典袋に現金を入れて、通夜、葬儀の際に受付の係の方に渡します。「典」と現在書きますが、昔は「奠」という字を使われていました。「奠」の意味は「すすめる」という意味や霊前に供える金品という意味合いがあります。

お香典の相場

一般的な、お香典の相場です。地域などにより異なる場合もありますので、参考程度にご活用ください。

ちなみに、当ブログを見られる方は40代以上が多いと思われますので、40代以上の金額について、色付けしております。

亡くなった方自分の年齢におけるお香典額
20代30代40代以上
両親3万~5万円5万~10万円10万円~
兄弟・姉妹3万~5万円5万円~5万円~
祖父母1万円~1万~3万円3万~5万円
伯(叔)父、伯(叔)母1万円~1万~2万円2万~3万円
その他親族3千~5千円5千~1万円5千~2万円
勤務先の上司・同僚5千~1万円5千~1万円1万円~
勤務先の社員の家族3千~5千円3千~5千円5千~1万円
仕事関係3千~5千円5千~1万円5千~1万円
友人5千~1万円1万~3万円1万~3万円
友人の家族3千~5千円5千~1万円5千~1万円
その他知人3千~5千円3千~5千円5千~1万円
(出典)香典相場各サイトの平均値(個人調べ)
スポンサーリンク

お香典は、「1・3・5」の数字が一般的と言われる訳

お札の枚数は「奇数が縁起が良い」と言われています。

その理由は、「奇数だと割り切れない」からです。切れるというのは、縁が切れるという意味となっており、タブーとされています。

そのため、一般的な香典の金額は「3千円・5千円・1万円・3万円・5万円…」がよく使われることになります。

ポイント
近年では「2万円」という金額も使われるようになりました。一見、割り切れる数字にも思えますが、あくまでも香典の金額は気持ちなのです。奇数にこだわり文化も変わりつつあります。

ちなみに、「4・9」が使われない理由は、死ぬということや苦しむということが連想されるため、良くないと考えられているからです。

記事を書いて、思ったこと

親戚が亡くなったり、知人が亡くなったりと、人は何時か死がおとずれます。たとえ大切な人であっても、永遠に会えないのは悲しいことです。

悲しいことですが、葬儀には大変お金が掛かります。お香典には助け合いのというのが現実といえます。