掲載記事数: 263【10/24現在】

老齢基礎年金をもらいながら働く場合の注意点

お金(生活)

60歳以上になると年金が支給されますが、それ以降も仕事を持ち働き続けている方もいらっしゃいます。

給与を得ながら年金を得ることも可能ですが、その場合月々の給与額と年金の受給額に注意をしなければいけません。場合によっては、年金の支給額が減らされてしまうこともあるのです。今回はその注意点について解説していきます。

【老齢基礎年金】65歳未満の場合の注意点

60歳を過ぎて、年金を受給しながら仕事を続けたいと考えている方は、月々の給与と年金の支給額の合計に注意する必要があります。

年金と給与等の合計で月額28万円を超えてしまうと、年金の支給額が減額されてしまうからです。こちらは65歳未満の方が対象となっています。

定年後に再就職をしたり、アルバイト雇用などで仕事を続ける場合には注意が必要です。この制度は「在職老齢年金」と言うもので収入が特に多い方になると、年金が全く支給されないこともあるのです。

【老齢基礎年金】65歳以上の場合の注意点

65歳以上の方の場合は、月々の年金支給額を決める計算方法が異なります。月々の給与と年金等の合計額が47万円を超えなければ、年金支給額が減額されることはありません。

65歳を超えると、この「在職老齢年金」はかなり緩やかになると考えて問題ありません。ただし、収入がかなり多い方は年金が支給されない場合もあります。

再雇用制度などを利用しようと考えていた方も安心して仕事を続けることができるでしょう。

年金支給開始年齢の引き上げによる影響

これまでは、60歳を越えると年金が支給開始されていましたが、それを65歳以上に引き上げる動きが出ています。

年金の支給開始自体がすべて65歳以上からになったとすると、この在職老齢年金制度の影響を考慮する心配は大幅に少なくなります。

65歳までは年金のことを気にすることなく仕事を続けることができ、65歳を過ぎれば年金を受給しながら、再雇用制度などを利用して仕事を続けることができるのです。

年金の繰り下げ受給も視野に

働けるうちは年金を受給せずに繰り下げるのも得策です。将来的に年金を多く受給することも可能になるためです。いまは65歳までは働ける環境も整っています。今後は高齢化社会の流れを受けて、それ以上に働ける環境になることは必至でしょう。

働けなくなった時に苦労しないような生活設計を組み立てるのは、今がチャンスと言えそうです。