掲載記事数: 263【10/24現在】

年金受給開始は早めたり遅らせたりできる

お金(生活)

年金は受給開始を早めたり遅らせたりできることをご存知ですか?

基本的に65歳から受け取ることになる年金は、60歳から70歳の間の任意の月から受給開始することができます。65歳より前に受け取る場合(繰り上げ受給)と65歳より後に受け取る場合(繰り下げ受給)では、メリットやデメリットが存在します。

繰り上げや繰り下げを行う前にしっかりと把握しておきましょう。

★ 60歳からすぐ年金をもらえることができる繰り上げ受給

年金支給年齢の引き上げにより、これから60歳定年を迎える人は、すぐに年金を貰えることができません。このとき、65歳からの老齢基礎年金の受給開始を早めて、60歳からもらえる「繰り上げ受給」という制度があります。

この繰り上げは1か月単位で行え、受給開始の請求を行うことで65歳よりも前に年金を受給することができます。

ただし、繰り上げ受給を選択すると、通常の年金額から、繰り上げた月数1か月当たり 0.5% が減額されます。この減額された年金額が、生涯続くことになりますので要注意です。しかも、一度繰り上げ請求をすると、取り消したり変更したりできません。

60歳から受給する場合は、本来もらえるべき金額の 30% が減額となります。

計算式)60ヶ月(5年) × 0.5% = 30%

さらに…
また、昭和28年4月2日以後生まれの男性(昭和33年4月2日以後生まれの女性)は、老齢厚生年金(報酬比例部分)の繰り上げもできます。ただし、老齢基礎年金の繰り上げ請求とセットで行う必要があります。減額率は老齢基礎年金の場合と同じです。

通常受給との比較

通常通りの老齢基礎年金の受給と、60歳に繰り上げた場合の総年金支給額を比べると、76歳8ヶ月を超えると通常受給の方が多くなります。

ポイント
60歳時点の日本人男性の平均余命は23.67歳(平成28年)です。総年金受給額では、繰り上げ受給より通常受給の方が多くなる可能性が高いです。

繰り上げ受給を行う場合には、こうしたデメリットをよく検討しておく必要性があります。

繰り上げ受給を行う時はその前月までに年金事務所などで繰り上げ請求を行います。

★ 65歳以降に年金を繰り越すができる繰り下げ受給

繰り上げ受給とは逆に、65歳からの老齢基礎年金の受給開始時期を、1か月単位で繰り下げることもできます。繰り下げを行えるのは、70歳までとなっています。これを「繰り下げ受給」といいます。

この繰り下げは1か月単位で行え、65歳以降の任意の月に受給開始の請求を行うことで65歳よりも後に年金を受給することができます。

繰り下げ受給を選択すると、通常の年金額から、繰り下げた月数1か月当たり 0.7% が増額されます。この増額された年金額が、生涯続くことになります。繰り上げ受給同様に、一度繰り上げ請求をすると、取り消したり変更したりできません。

70歳から受給する場合は、本来もらえるべき金額の 42% が増額となります。

計算式)60ヶ月(5年) × 0.7% = 42%

通常受給との比較

通常通りの老齢基礎年金の受給と、70歳に繰り下げた場合の総年金支給額を比べると、81歳10ヶ月を超えると繰り下げ受給の方が多くなります。

ポイント
60歳時点の日本人男性の平均余命は23.67歳(平成28年)です。総年金受給額では、通常受給より繰り下げ受給の方が多くなる可能性が高いです。

ただし、65歳以降の任意の月まで年金が受給できない状態が続きます。年金の受給開始まで生活は苦しくなることもありますので、要注意です。長生きする自信のある人は活用してみると、とてもお得になります。

繰り下げ受給を行う時はその前月までに年金事務所などで繰り下げ請求を行います。