掲載記事数: 263【10/24現在】

スマホにマイナンバー機能搭載、法改正でどう変わる?

その他

スマホにマイナンバー機能が搭載できるよう、政府が制度を見直すとニュースで報道されています。おそらく、近いうちに実装されると見られています。

スマホにマイナンバーカードの電子証明書機能が搭載されると、どのようなメリットがあるのでしょうか。考えられるメリットをお伝えします。

サイトのログインが容易になる

サイトごとに求められるログインIDやパスワードが不要になるのではと言われています。

マイナンバーカードは国民1人1人に割り当てられており、重複する番号はありません。これを利用した機能として、十分可能性が高いです。

銀行や証券会社などへのログインはセキュリティの高いものが多く、頻繁にパスワードなどの変更を求められることが多いです。このような煩わしいとも感じる作業が不要になる可能性があります。

また、ネット銀行の振込手続きなどではその場限りの認証パスワードを求められることもあります。これも不要になる可能性があります。

現在よりも利便性が上がることは間違えなさそうです。

個人認証が手軽に

個人を認証するうえで、運転免許証を超える証明書となることも想定できます。

運転免許証を証明書代わりに利用することが一般的ですが、運転免許証を持たない人は証明書として提出する場合は複数の証明が必要になることもありました。これが解消される場合があります。

また、現行の運転免許証は電子証明することができないことからも、スマホにマイナンバーカードの電子証明が加わることで、こちらの方が利便性がはるかに高くなることも想像できてしまいます。

たとえば、コンサートの入場の際の本人証明として活用できたり、役所での各種証明も手軽に行えるなど幅広く活用される可能性があります。

今回はなぜ法改正が必要?

マイナンバーカードには本人確認のためのICチップが搭載されています。現行の法律では、この情報を複製することを禁じているのです。【二重発行の禁止

今回の法改正では、この二重発行の禁止をスマホ1台に限り複製を可能とすることを認めるために必要なのです。

法とは、「公的個人認証法」のこと

これからはスマホが生活の必需品として大きく活躍していきそうです。スマホを持っていない人は