掲載記事数: 263【10/24現在】

初対面の人でも好印象を与える、話題や会話のつかみ方

その他

初対面の人でも困らないコミュニケーション術

初対面の人との会話の始めはぎこちなくなりがちですが、知っておくと使えるコミュニケーション術を覚えておくと役に立ちます。

大事なポイントとしてはいかに場の雰囲気を良くするかです。場の雰囲気を良くすれば、その後の会話がスムーズになることだけではなく、相手に好印象を与えることにもつながります。

会話の始まりは「場を和ませる言葉」を使う

気持ちをストレートに伝えたり、相手への気遣いの言葉は相手にとって嬉しいものです。特に初対面の相手には使っておきたい言葉です。意識しておけば、簡単に使える言葉になっているのでぜひ活用したいですね。

気持ちをストレートに伝える言葉

「お会いできてうれしいです。」

「とても楽しみにしていました。」

など、ごく一般的な言葉ですが、会話の始まりとしては非常に良い言葉となります。

相手への気遣いの言葉

「雨(雪)に降られませんでしたか?」

「お時間を作っていただきありがとうございます。」

など、こちらも一般的な言葉ですが、会話の始まりにピッタリといえます。

逆に印象の悪い言葉

相手の家庭に関することやお金に関することなどのプライバシー的な質問や発言は印象を悪くしてしまいます。たとえ、仲の良い友人だったとしても相手を嫌な気持ちにしてしまうことがあるのでできれば避けておいた方が無難かと思います。