掲載記事数: 263【10/24現在】

専業主婦の年金は65歳からスタートする

お金(生活)

夫の定年後は、妻は年金の第3号被保険者ではなくなるため、年金保険料の支払いや生活資金など一層夫婦の力を合わせることが重要になってきます。そこで、妻の年金内容を確認しておきましょう。

専業主婦の年金は満額で年77万9300円

定年後の資金計画を立てるとき、夫の分だけではなく妻の年金も見逃せません。

一般に妻は夫(会社員)に比べて、立場が変わりやすく、年金記録がもれたり、間違ったりしがちです。これまでの加入歴を、よく洗いなおしておきましょう。

妻がずっと専業主婦だった場合は、65歳から老齢基礎年金がもらえます。満額なら77万9300円(平成29年)ですが、これは40年もれなく保険料を納めていた場合です。

たとえば、「カラ期間」があると、受給資格期間になっても、年金額に反映されません。年金額を満額に近づけるためにも、60歳からの任意加入などを検討してみましょう。60歳からも保険料を払い続けることにはなりますが、結果的にはお得になるケースが多いです。

夫が定年退職した場合に注意したいこと

夫が定年退職をした場合、60歳未満の専業主婦の妻(第三号被保険者)は60歳になるまで、国民年金の第一号被保険者になる必要があります。その場合は、第三号被保険者の時はなかった保険料負担が生じることになります。

変更手続きがないと…
この変更手続きをしていないと、その分年金がすくなくなってしまうので注意が必要です。

60歳代前半の年金では妻の年金が活躍

妻に1年以上の厚生年金加入期間があれば、60歳代前半に特別支給の老齢厚生年金、部分年金がもらえます。(加入期間が1年未満なら65歳からもらえる)

金額は加入期間や当時の給与などで異なりますが、見逃せません。

女性の支給年齢の引き上げは男性の五年遅れだったなどで、夫婦同年齢で、夫は60歳から無年金でも、妻は60歳からもらえるというケースもあります。定年後の資金の手助けになるのです。

賢い方法も…
繰り上げ受給を活用して、将来もらえる年金を増やすこともできます。たとえば、夫の年金はそのままにして、妻の老齢基礎年金を繰り上げるという方法が有効です。

夫婦の年金を合わせて考えると、60歳代前半の資金に様々な工夫の可能性が出てきます。

種別変更未届けには救済措置がある

夫が会社を退職した場合、妻は第三号被保険者の資格を失うために、自分で国民年金に加入する(第一号被保険者になる)事が必要です。

実はこの第一号被保険者への種別変更届は忘れがちで、もし2年以上遅れた場合、保険料の納付は認められませんでした。しかし、現在は「特定期間該当届け」の提出によって、この未納期間を受給資格期間にすることができるようになりました。(加入期間にすることはできますが、保険料の追納は行えません)

ただし、この期間は保険料の支払いは行えないことから、年金額には反映されないため、年金の増額にはつながりません。

年金には様々な特例が設けられていますが、その期限には十分注意が必要です。