掲載記事数: 263【10/24現在】

困ったときの駆け込み寺、「地域包括支援センター」ってどんなところ?

その他
「地域包括支援センター」をご存知でしょうか?

名称だけではいまいちどのような施設かはわかりにくいですが、地域包括支援センターでは、高齢者が地域で安心した生活ができるよう、相談などの様々な支援を行う総合機関として市区町村が設置しています。

ケアマネージャー、社会福祉士、保健師などの専門職が常駐しており、常駐する専門職や外部機関(高齢者福祉施設など)と連携を取りながら、総合的に高齢者のサポートを行います。

介護支援専門員(ケアマネージャー):公的資格
ケアマネージャーは、介護に関する専門職であり、正式名称は「介護支援専門員」といいます。略称では「ケアマネ」とも言われています。ケアが必要な人の相談に乗り、その人の取り巻く環境や状態に合わせたケアが受けられるように総合的なコーディネートを行います。
社会福祉士(ソーシャルワーカー):国家資格
社会福祉士は、相談に関する専門職であり、「ソーシャルワーカー」とも呼ばれます。日常生活を営むのに支障がある人(高齢者や障がい者、生活困窮者など)に対して、福祉に関する相談を行います。

地域包括支援センターは、総合的に高齢者のサポートをするとありますが、実際にどのようなケースを担当しているのか見ていきましょう。

「地域包括支援センター」が行う相談例

介護予防の相談

介護が必要になる可能性が高い人に、介護予防の支援を行います。

  • 筋力アップのトレーニングを行えるような社会資源を見つける
  • 健康を維持できるサービスの紹介

生活に関する相談

高齢者の生活についての各種相談支援を行います。

  • ひとりでの生活が不安だ
  • 高齢者の施設に入所するにはどうしたら良いのか?
  • 隣に住むおばあちゃんの体調が悪くなってきている気がする

権利擁護に関する相談

高齢者の権利を守るための相談を行います。

  • 財産の管理ができなくなってきた
  • 虐待されている、または虐待を目撃した

多岐に渡る相談を受け付けている

以上はほんの1例です。簡単にいうと、何の相談も受け付けると考えてもらって構いません。相談内容により、助言やアドバイス、適切なサービスの紹介や外部機関への橋渡しを行っています。

ちなみに相談料などの料金はかかりません。

さいごに、高齢者本人だけが利用できると思われがちですが、高齢者の家族や家族ではない近所の住民からの相談も受け付けています。役所の福祉課窓口の他にも、このような社会資源があるということを覚えておくだけでも、非常に有効だと思います。