掲載記事数: 263【10/24現在】

シニア世代が健康を守る上で大切にしたいこと

健康

シニア世代になると、若い頃のように体に無理が効かなくなり、少しのことで疲れを感じることも多くなります。

いつまでも若い感覚で心身を酷使していると、健康を害することにもつながりかねません。シニア世代にとって健康を守るために必要なことを理解しておけば、より充実した生活が送れるようになるでしょう。

定年退職後も規則正しい生活を送れるかどうかが重要

シニア世代は、そろそろ定年退職を迎え、環境が劇的に変化する時でもあります。

会社の束縛から離れ、自由な時間が多くなります。そのため、生活サイクルが乱れる可能性もあり、健康意識を高めておくことが求められます。定年退職後は自宅にいる時間が長くなるため、飲酒量が増えるなどして健康に悪影響を及ぼす場合もあります。

規則正しい生活を送るためには、日々自分がすべきことを作っておくことが必要です。家事の手伝いや趣味の追求など、生活に対する興味を失わないことが、生活サイクルを乱さないための効果的な方法です。

無理をしない適度な運動の心がけ

定年退職後も、シニア向けの仕事を継続して行う人もいます。その場合は生活習慣が乱れることも特になく、また体を動かすことで自然に運動不足を防ぐこともできます。

新たな刺激を受けることで、精神的な張りを保つことができますし、将来的な認知症の予防にも効果的です。ただし、昔に比べて体力は確実に低下しているため、運動にしても仕事にしても無理をしないことが大切になります。

シニアにとっては動くことも大切ですが、休むことは健康を維持する上でさらに重要なことです。

健康志向のシニアの増加

シニア世代は、自分の人生をさらに充実させるための重要な時期です。好奇心を失わず、自分自身や家族のために自由な時間を充実して使うことによって、健康にも良い影響が出てきます。

シニア世代の健康志向の高まりから、現在ではシニア向けのフィットネス施設も充実してきています。自分に合ったものを活用していきながら、健康増進に向けて取り組んでいくことが、シニアにとってさらに希望ある日々を実現していくでしょう。