掲載記事数: 263【10/24現在】

意外に気付かない熱中症、初期症状と予防のポイント

健康

朝起きたら今日の天気と気温を確かめるのが、習慣となっている暑い夏です。家にいてもエアコンがなければ命の危険さえ感じます。ニュースでも毎日「熱中症」で搬送される方や命まで失ってしまう方もいます。

なぜ「熱中症」で倒れてしまうまで、気がつかないということが起きてしまうのでしょうか。その理由を探りたいと思います。

どんな時に「熱中症」になるのか

「熱中症」とは、暑さによる目まいや頭痛などの症状です。7月は特に救急車の搬送の件数が多くなります。

「熱中症」は、外出先だけではなく意外と家の中でも気をつけなければいけません。入浴や寝汗で水分が不足すると「熱中症」の症状が出る事もあります。また、エアコンを使わず、水分、塩分を取らないと危険です。

「熱中症」の予防ポイント

水分補給は小まめに
1日最低でも1.2リットルを目安に飲みましょう。起床時や入浴前後は特に意識してください。
暑さを防ぐ服装を
外出時は帽子や傘を使う、ゆったりとした衣服を着る、黒っぽい服は避ける。
部屋は涼しく快適に
エアコンがなければ窓を開けて風通しを良くしましょう。レースのカーテンやブラインドで日光を遮る。
ポイント
このように、水分補給や服装、室内環境に注意することがとても大事です。

「熱中症」の初期症状

  • 手足がしびれる
  • 目まい、立ちくらみ
  • 筋肉が痛む
  • 気分が悪い(ボーっとする)
このような場合は「熱中症」の疑いがあります。涼しい所で水分補給をすることが大事です。

「熱中症」の応急処置

  • 日陰や風通しの良い部屋、涼しい場所に避難させる
  • 衣服を緩めて、首や脇、股関節を保冷剤や氷で冷やす

体温を下げるために即やっておきたいです。重度になると命に関わることなので、体が熱い、真っすぐに歩けない場合は、迷わず救急車を呼んでください(ダイヤル 119番)

「熱中症」の疑いがあれば

救急安心センター(ダイヤル #7119)で相談を受け付けています。看護師に相談することができる他にも、状況によって救急車の手配も行うこともできます。

「#7119」は地域によっては対応していない場合がありますので、お住まいの地域でご確認ください。

最後に

日々自分の健康を考えている方、自分は体力があるから大丈夫と思っている方も毎日35℃を超える気温では思いもしない症状が起きる事もあります。初期症状が出ましたら、上記に記載した内容を思い出していただけると幸いです。

健康を維持して楽しく夏を乗りきりましょう。