掲載記事数: 263【10/24現在】

「節約の一番の敵はストレスだった」うまく付き合うためには?

お金(投資・節約)

節約における生活は「ストレス」に感じる方が約半数(50%)以上いらっしゃるようです。

節約がストレスに感じてしまっては、長続きは難しいでしょう。ではストレスに感じない、ストレスを感じにくい節約はあるのでしょうか?

節約とストレスについて少し考えてみます。

1円でも安くを追求しすぎる

たとえば、1円でも安い商品を求めてスーパーのはしご。徒歩で移動ならば、運動にもなって良いかもしれません。

クルマを利用するとガソリン代がかかるので微妙かもしれません。

食費だと、毎月変動する「変動費」となります。変動費は節約効果が目に見えにくいため、行っているうちに節約の効果よりも使っている労力の方に気がいきがちになるでしょう。

そうならないためにも、毎日行わずに気が向いたら時だけにしておくと楽になれるかも。もしくは、たまには節約のごほうびとしてちょっとリッチな食べ物を買ってみるのも息抜きになって良いと思います。

ストレスに感じない節約から

節約といっても幅広くあります。まずは無理のない、やれそうな節約から始めてみてはどうでしょうか?

もし、少しでもストレスになるようならいったん止めても良いと思います。高度な節約ほど、ストレスに感じることも多いようです。簡単な節約から1歩ずつ前進していきたいですね。