掲載記事数: 263【10/24現在】

50代を過ぎたら意識しておきたい、更年期障害について

健康

意識しておきたい更年期障害の疑問など

女性が年齢を重ねると更年期障害と向き合うことが多いようです。更年期障害は女性を悩ませるのがつらい症状を伴います。

また、更年期に入ると更年期障害の不安におびえたり、自分は更年期障害なのかわからないなどといった疑問もあるかと思います。

今回は更年期障害に関する疑問を解決していきたいと思います。

更年期障害の症状が現れる年齢はいつ??

40代後半から更年期障害の症状が現れたという意見が多いです。

実際には個人差があるので、バラバラとなります。必ずこの年代に現れるというものではありません。

メカニズムとしては40代後半あたりから卵巣機能の低下が現れるため、更年期障害を引き起こすといわれています。

更年期障害はどんな症状になる??

主に言われているのが「ほてり」や「大量の汗が出る」といった症状です。

暑い環境ではないのに顔や額から大量の汗が出るといった方は更年期障害の可能性が高いです。

また、「動悸」「頭痛」「イライラ」「不安」「冷え」などの症状を伴う可能性も高く、45歳くらいを過ぎてからこのような症状が急に出たという方も更年期障害を疑ったほうがいいでしょう。

更年期障害は男性にはない??

実は男性にもあります。ただし、時期や症状は異なるようです。

男性の場合は55歳以降に症状が現れることが多いようです。症状は疲労感やイライラなどで男性ホルモンの減少によるものが多いとのことです。

更年期障害は治る??

治るというか体が慣れると気にならなくなります。

卵巣機能の低下で現れる症状は45歳以降に多く、体が慣れていないことから症状を感じます。この症状に慣れていくことで更年期障害は自然と和らぐと言われています。

更年期障害を和らげるものはある??

更年期障害に対して強い気持ちでぶつかっていくことや漢方がいいようです。

更年期障害に負けない気持ちを持つことで症状を軽くしてくれるでしょう。そして、漢方はほてりやイライラを和らげる「加味逍遥散(かみしょうようさん)」が良いようです。

加味逍遙散(カミショウヨウサン): ツムラの漢方処方解説 | 漢方について | ツムラ
加味逍遙散(カミショウヨウサン)についての情報を掲載しています。