掲載記事数: 263【10/24現在】

「お金がない」をいまから変える、行動と考え方

お金(生活)
「お金がない…」が口癖になっている。

お金がない人には共通点があるようです。本当に生活が苦しい人だけではなく、収入がそれなりにあっても、お金がないと感じている人も多いのが実情です。

今回は、「お金がない」が口癖になっている人に共通点についてご紹介します。自分自身が当てはまっていないかも確認しておきましょう。

お金に対する意識が低い

「お金がない」と感じている人のお金の使い方は、「欲しいから買う」といったような、その場の感情に任せてお金を使っている人が多いです。お金の管理ができていないと、収入と支出のバランスが悪くなり、お金が貯まらない体質になってしまいます。

お金に困っていない人のお金の使い方の傾向を見てみると、収入と支出のバランスについて意識している人が多いです。支出についてもどの程度使うか、どれくらい貯蓄していくかをしっかりと考えていることが多いようです。

面倒くさいが支出を増やしてしまう

手間をかければ、支出を抑制できるのにあえて行わない。なんてことも支出を大きく増やしてしまう要因になります。

外に買い物にいくのが面倒だからって、すぐに出前ばかり取ってしまったり、スーパーに行けばいいのに近くのコンビニに寄ってしまうなどがこのことに該当するでしょう。
「数百円程度だしいいかな」なんて考えてしまって、行動すればお得になることがわかっているけれど、面倒くさくてなかなか行動に移せないという傾向があります。

「お金がない」解消できる??

実は考え方次第で、お金がないというのは改善できる場合があります。お金は使い方次第で意外にもどうにでもなってしまうことを覚えておきたいです。参考になれば幸いです。