掲載記事数: 263【10/24現在】

格安航空券はなぜ格安にできる? その理由とは…

お金(投資・節約)

最近はLCC(格安航空会社)の利用が一般化していますが、普及した背景には格安航空券があります。同じ区間をフライトしても、一般航空会社の料金の半額以下で搭乗できることもあります。

料金が安くなっているのには当然ながら理由があります。その理由を見ていきます。

サービスの利用における費用の負担

格安航空券の購入も一般航空会社と変わらず、インターネット、電話、空港カウンターからできます。ただし、電話や空港カウンターで購入すると、料金がネット購入より高くなります。中には、電話予約を受付けていないLCCもあります。

また、手荷物を預けると料金を取られたり、またオンライン決済ではなく空港カウンターで支払うと、料金がアップしたりします。座席に関しても、基本的に予約の早かった搭乗者から順に席が決められていきますが、座席を指定すると、そのサービスに対する料金を支払わなくてはなりません。

サービスの利用に対する公平性

一般航空会社の場合、すべての利用者に平等にサービスを提供することを基本としています。そのために、施設や機器の設置、スタッフの配置などに高額な経費をかけていますが、その費用はすべて、航空券の料金に転嫁されています。従って、一般航空会社の搭乗者はサービスを利用してもしなくても、同じ料金を支払います。

一方、格安航空券の料金は受益者負担が基本となっており、サービスを受ける人はサービス代金を別途支払うことで、利用しない人との差別化を図っています。

つまり、サービスを利用しない人は、利用する人の分まで料金を負担しないという料金の「公平性」が前提になっています。それが、格安航空券の安さに繋がっています。

要するに

航空会社がサービスを提供するにはスタッフが必要であり、そのスタッフからサービスを受ければ、スタッフの人件費を負担してもらうというのが格安航空券の趣旨です。また、他の搭乗者より多くのサービスを受ける人は受けない人より費用が高くなります。