掲載記事数: 263【10/24現在】

自宅にお墓を持つということ、今時の事情「手元供養」とは

その他

自宅に小さなお墓を持つと言う最近のお墓事情を調べてみました。

そこには少子化問題や核家族などでお墓を守っていくことができない事情もあります。

あるいはお墓にお骨が入らなくなったなど、このような場合は粉骨でお骨を4分の1くらいにして解決しますが、お墓を守っていけなくなったことも多いでしょう。

「手元供養」や「自宅メモリアル」など、お墓に関して新しいキーワードを近年耳にします。私と考えていきましょう。

手元供養について

「手元供養」とは

手元供養とは、故人の「骨」を供養の対象としたものである。自宅供養(じたくくよう)とも言う。一般的な葬送の方法である寺院への納骨の代わりに、或いは納骨を行ったうえにさらに、遺骨(遺灰)を自宅等で保管し、慰霊の場を身内に置いて故人を偲ぶという概念。

出典:wikipedia「手元供養」

どうでしょうか? 正式に調べるとこのような供養を「手元供養」と言います。

手元供養をするには、「粉骨」ということも選択肢として出てきます。手元供養を選ぶためにはまずは粉骨をすることをおすすめします。

お骨を粉骨にすることでメリットと注意点について

粉骨することのメリット

粉骨(2ミリ以下のパウダー)にすることで、樹木葬など埋葬の幅が広がります。ミニ骨壷やメモリアルボトル、ペンダントに使うこともできます。

メモリアルボトルには、スプーン1杯程の粉骨を入れられます
  • お手元にお墓があることで遠くまで、お墓参りに行くことはありません。いつも一緒です。
  • ご遺族の方も年齢とともに足腰が衰えていきます。遠方にお墓がある方は遠くまで毎年移動しなければなりません。
  • 費用が安くて管理も安心です。寺院やお墓を立てる場合墓石など数百万円かかります。自宅葬、メモリアルボトルなら供養方法によって、ほとんど費用が掛かりません。
ポイント
粉骨を全て自宅で保存か、お寺や霊園へ納骨をして一部を自宅で保存することを選びましょう。分骨とも言います。

粉骨することの注意点

お骨は非常にカビやバクテリアに弱く、粉骨にすることで更にカビに注意しなくてはなりません。そのため、真空状態での保存をおすすめします。

ご遺族が自分だけ、または少ない方なら問題の無い自宅葬「メモリアルボトル」ですが、他に家族が多い方は家族への理解が必要です。

メモリアルボトルやペンダント、「おしゃれな今どき手元供養」

手元供養といっても粉骨したお骨の少しをお洒落なアートのような商品が沢山あります。(縦、横、5センチ程の製品が多いです)

ペンダントなどもありますので、旅行にも一緒にいけますね。

遺骨ペンダント 防水仕様 ハート型ステンレス製ペンダントMST002A 【裏面への刻印あり】

最後に

このように樹木葬など、時代と共にお墓への考えが変わる事情があります。手元供養は、「墓じまい」と合わせて考えてみてはいかがでしょうか。