掲載記事数: 263【10/24現在】

介護保険の「認定申請」のポイントと家族の付き添い

その他

介護保険の「認定申請」は家族として付き添いした方がいいのか、迷うこともあるようです。結論から言うと、家族は必ず付き添うほうが良いです。

というのも、介護保険の認定調査では介護を必要とする人の自宅を調査員が訪れて「心身の状態」や「生活ぶり」などの聞き取り調査を行います。調査にあたって、高齢者のほとんどのケースで何でも「できる」と答えてしまいがちなのです。
家族として日頃の様子を調査員に伝え、本人が損をしないようにしっかり判定を受けるサポートをしてあげましょう。

今回は「認定調査」を受けるにあたって、調査員に伝えるべきポイントをご紹介します。

調査の際は実情をしっかり伝える

認知症の人でも、調査員の前ではしっかり応対するというケースが多いです。その結果、実際よりも介護度が低い認知結果になりがちなのです。低い判定を受けると、受けられるサービスの範囲も限られてしまいます。

できる限り家族が付き添い、家族からも困っている実情を伝えることが大切です。認定調査の前には事前資料を用意しておくと心強いです。いつ、どんなことで困りごとがあったか、どれくらいの頻度があったか、あらかじめメモしておくと良いでしょう。

特記事項の活用

調査員が持つ、要介護度認定調査票には「特記事項」を記入する欄があり、要介護者の日頃の様子や行動などの具体的な記入をすることができます。これは介護認定審査委員会で要介護度を検討する際の参考になるかもしれないのです。

気づいたことは遠慮なく調査員に伝えていくことが大事です。たとえ小さなことでもしっかりと伝えて、特記事項に書いてもらうと良いでしょう。

オーバーに伝えすぎない

要介護度を上げるために家族がオーバーに伝えるケースもあります。本人や家族から得た情報(認定調査結果)と医師から得た情報(医師の意見書)が合わないという結果になるかもしれません。

双方の情報が合わないとなると再調査になる場合が多いので、ありのままの実態を正しく伝えるように心がけましょう。