掲載記事数: 263【10/24現在】

玄関の掃き掃除をもっと効果的に行うには「新聞紙」を活用しよう

掃除・片付け

玄関の掃き掃除は「ほうき」を使って行う人がほとんどだと思います。ほうきで十分キレイになりますが、実は不十分だったりもします。

おすすめなのは「新聞紙」を使った掃除方法で、この方法を使うと細かい汚れもしっかりと取ることができます。しかも、簡単な方法なのでぜひ実践してみましょう。

「新聞紙」を使った玄関の掃き掃除方法

新聞紙を使った玄関の掃き掃除で用意するものは、いつも使う「ほうき」と「ちりとり」、そして「新聞紙」だけです。用意するものが少ないのも嬉しいですね。

手順はこちら

  1. 新聞紙を水で濡らし、固くしぼります
  2. その新聞紙を細かくちぎります
  3. ちぎった新聞紙を玄関に撒きます
  4. 15分程度放置します
  5. ほうきとちりとりで新聞紙を集めます

以上で玄関の掃き掃除が終了。新聞紙をしぼるときはできるだけ強くしぼっておくと効果的です。

濡れた新聞紙がもたらす力

濡れた新聞紙は砂ホコリを防いでくれるので、いつもより掃除がラクになります。肝心の汚れの落ち具合は、ほうきだけの時に比べて細かい汚れまでしっかりと落としてくれます。

他にも応用ができる

この方法は玄関以外にも使えます。たとえば、畳の掃き掃除や窓ガラスの拭き掃除などにも応用できるのです。

新聞紙を使った嬉しい効果として、汚れだけではなく、湿気やニオイを防ぐ効果も持ち合わせています。新聞紙が持つ吸水性や防臭効果はあらゆる場面で力を発揮するでしょう。

ぜひご活用してみてください。