掲載記事数: 263【10/24現在】

「健康」は3つの柱を意識すると良い

健康

「健康」はもともと健康になるために日々を生活するのではなく、何かやりたいことをやり遂げるめには「健康」であるべきという条件でしょう。そのため「健康」条件のキーワードは3本柱と考えます。今も昔も子供も大人も変わりません。

「食事」・「運動」・「睡眠」

「食事」

一日3食がベストという、普段とても身近となる健康においての柱です。一日を忙しく過ごしても、一日をボーっと過ごしても決まってお腹は空きます。

一般的に食事の味付けが薄めで、素材の味が美味しく感じるときが健康であるバロメーターのようです。ちなみにストレスがあると、自然と甘いものや辛いものを欲します。

「運動」

軽く汗がでる程度が良いです。とても汗がでると活性酸素が出過ぎるのでおすすめできません。体を動かしたと後の心地よさがバロメーターのようです。

「睡眠」

一日に6~7時間の良いと言われています。個人差はあれど、寝すぎや寝なさすぎは寿命が縮むという研究データも。

4つ目の柱は「気持ち」

「健康」の要である3本柱、「食事」・「運動」・「睡眠」に加えて大事になるのは「+α」となる「気持ち」です。心地よさはとても大事ですね。

人が何かやりたいことをするための必要条件となる「健康」ですから、仮に没頭していることがあって1日2食の時もあるでしょう。没頭していることの心地よさによって1食分は何なりとカバーすることが可能なのです。

また、仮に1日家から出なかった日は明日のための充電の日とすれば良し、眠れない夜があっても眠れる夜に寝れば良しです。