掲載記事数: 263【10/24現在】

酵素で太らない体質を作る2つの働きとは

健康

現在では生活習慣病という言葉を知らない人がいません。

生活習慣病の大きな要因になるのが肥満のため、老若男女を問わず、太り気味の人には食事制限をする人が大勢います。ただ、食事制限だと一時的なものにしかならないケースが少なくありません。

ちなみに酵素は太らない体質作りに良いとのことです。今回は「酵素」の働きについて見ていきましょう。

太らないための酵素の働き

肥満にならないための最も効果的な方法は、太らない体にすることです。つまり、太る基になる脂質や糖質が身体の中に堆積されないようにすることです。その方法が酵素を摂取することです。

人間は生命活動をする上で常にエネルギーを消費しています。それが基礎代謝です。

基礎代謝では脂質や糖質がエネルギーに変換されますが、その働きを促進する成分が酵素です。従って、酵素が不足すると脂質や糖質が消費されなくなることで、必然的に体内に堆積されて肥満を招きます。

酵素における2つの働き

酵素といっても1種類だけ生成されるのではなく、人間の体内では消化酵素と代謝酵素の2つの酵素が生成されています。消化酵素は食べ物の消化・吸収の役割をし、代謝酵素は吸収された栄養素を細胞に送り、細胞の活動を補助する働きをしています。

ただ、体内で生成される酵素の総量は限定されており、過食などで酵素が消化活動に多く取られると、その分代謝をするための酵素が減るため、脂質や糖質が消費できなくなります。

また、酵素は加齢とともに生成量が減少するため、年を経るごとに同じ量の食事でも太るようになります。従って、外から補充することが必要です。

酵素を手軽に手に入れる

酵素のサプリメントなどはネットで探す限り、かなり見つかります。正直、どれを選ぶと良いのかわからないほどです。

個人的には大手の会社が販売する商品をまず買ってみることにしていますので、1つご紹介します。

「日本盛」がつくったサプリメント

「日本盛はよいお酒~♪」のCMでおなじみの会社です。発酵のプロである酒造会社が作るサプリメントということで、良質な成分や安心感があります。

「植物生まれの酵素」という商品は、有機野菜など130種類の素材だけをまるごと熟成発酵していたり、合計11億個の乳酸菌がからだを元気に支えるとあります。気になる人はぜひチェックしてみてください。