掲載記事数: 263【10/24現在】

心と体を健康に!お金をかけずに老後を楽しむ

お金(投資・節約)

国民年金、厚生年金が段階的に65歳からの支給となっていく一方で、いくつまで勤められるかは会社に委ねられているのが現状です。

65歳まで勤められたとしても、給与額は少なくなってしまうことも多いでしょう。当然ながら、節約を心がけなくてはいけなくなります。急な生活の変化を避けるため、今からできることを意識して、少しずつ節約生活を取り入れてみませんか。

年金だけでは老後の生活は厳しい現状

夫婦の年金平均受給額は19万ほどで、単身者は11万弱となっています。さらにここから所得税、住民税、国民健康保険、介護保険が引かれます。持家か否かなどによっても毎月の支出額は変わりますが、多くが年金だけでの生活は厳しいという調査結果が出ています。

仮に、夫婦で老人ホームに入居する場合、平均的に見て1人月15万円ほど必要となり、2人で30万、年間で360万円になりますから、不足分は貯蓄しておく必要があります。

毎月の年金からコツコツ貯めるということも必要になってくるかもしれません。

節約生活に役立つこと

一つ目に断捨離のすすめです。断捨離とは、モノへの執着を捨て、不要なものを減らすことです。思いきって捨てることで、それ以降の物欲がなくなり、無駄遣いを減らすことができます。いらなくなったものをまとめてフリーマーケットで売るというのもひとつの手です。

二つ目に趣味を持つことです。何でもいいです。熱中できる趣味を持つことで、生活に張りが出て、認知症予防にもなるので健康寿命の延びを期待できます。また、趣味に時間を費やすので、無駄を防ぐことができます。

お金をかけずに楽しめることはたくさん

急に生活水準を変えることはできないので、老後に備えて徐々に新たな生活習慣を身に着けていけばいいと思います。お金をかけずに楽しめることはたくさんあります。

図書館を利用したり、地域で行っているイベントに参加したり、ジョギングを日課に取り入れてみたり。心と体を動かして、前向きで健康にいられることは、お金では買えない価値のあることです。