掲載記事数: 263【10/24現在】

余りやすいレモンの活用法!まな板や包丁はレモンで清潔に

掃除・片付け

「いま使っているまな板と包丁は清潔ですか??」

そういわれると自信のない方、肉や魚に直接触れるまな板や包丁は雑菌やにおいが気になっている方もいるでしょう。正直私も自信はありません。。

目に見えない汚れがつきやすい、まな板や包丁はしっかりとお手入れしておきたいところです。実は「レモン」さえあれば清潔に保つことが可能です。余りやすいレモンの活用方法としていかがでしょうか。

まな板のお手入れ

レモンの皮を用意しましょう。そのレモンの皮でまな板の表面を直接こすります。

レモンの成分で黒ずみやにおいを落とすのに最適です。さらにレモンの爽やかな香りが漂い、気分もいいです。汚れを落とした後は水洗いで大丈夫です。

また、レモンがない方は「粗塩」でも代用が可能です。粗塩の場合はこするのが難しいので、たわしなどでこすりましょう。

包丁のお手入れ

包丁にも同じくレモンを使いますが、こちらはレモンの切り口を利用します。薄く切ったレモンだと危ないので、半分に切ったレモンがオススメです。包丁の嫌なにおい対策には最適です。

逆にサビてしまう可能性があるので水洗いした後、乾いた布で水分を拭き取ることを忘れずに。