掲載記事数: 263【10/24現在】

故人名義の口座が凍結、預貯金を引き出すには?

その他

死亡がわかると、遺産保全のためにすぐ口座が凍結になります。同居の配偶者や子供であっても、自由に引き出しができなくなってしまいます。これは、亡くなった人の預貯金口座は死亡時点より法的には相続遺産とみなされるためです。

意外にも、「自分の葬式代ぐらいは貯金しておこう」と自分名義の口座で用意しておいても、いざ必要な時には使えないというパターンが多いです。

しかし、とはいうものの残された家族にとっては苦しい問題。どうにか引き出す方法はないのでしょうか?

今回は、「故人名義の口座が凍結した際に預貯金を引き出す方法」について調べてみました。

口座の凍結には注意を

口座が凍結している間は入出金や送金、自動引き落としもできなくなるので覚えておきましょう。そのため、公共料金や毎月の引き落としがある場合はすみやかに停止するか、名義変更をする必要があります。

直前の引き出しは相続税の対象に

よくあるケースとして、危篤の時点で預金を引き出しておくことがあります。家族のお金を引き出す行為は本来はやってはいけませんが、現実的にはこの方法が無難だったりします。

ところが、死亡直前に引き出したお金は相続財産の一部とみなされることが多いのです。つまり、相続税の対象になることがあるので注意しておきましょう。お金を使った場合は、領収書をしっかりと残しておくと良いです。

口座凍結でも預貯金を引き出せる方法

一般的に故人の口座凍結が解かれるのは遺族による遺産分割協議を経て、遺産分割が確定したときになります。それなりに時間もかかってしまうのです。

ほとんどのケースで、故人の預金を葬儀費用などに充てたいと考えていた場合、身動きが取れなくなってしまう可能性が高いのです。
相続人全員の同意と戸籍謄本などの各種書類を提出すれば、故人の口座からお金を引き出せることが可能ですが、こちらも時間がかかるのが実情です。

最終手段として、銀行に相談するという手があります。いますぐ預金を引き出さなければならない理由を伝え、緊急引き出しに対応してもらいましょう。あると有利になる書類は以下の通りです。

・故人の戸籍謄本か除籍謄本・相続人全員の戸籍謄本

・故人の実印や預貯金通帳、届け出印、キャッシュカード

・手続きする人の身分証明書

・葬儀社が発行した請求書