掲載記事数: 263【10/24現在】

散らからない部屋作りは家族の協力から

その他

自分だけで片付けを頑張るのは限界があります。家族と同居ならみんなで片付けできる、協力し合う仕組みも大切です。

自分のものは自分で片付けする仕組みを構築する

家族1人1人に自分だけの収納スペースを用意してみるのも有効です。

家族おそろいの収納棚も統一性も図られて、効率が良くなるかも。収納スペースには仕切りを入れておくとわかりやすいため、簡単に収納することができます。

子どもがいるならお手伝いしてもらおう

簡単な収納なら子供にやってもらいましょう。

お手伝いの報酬としてお小遣いをあげることにすれば、自主的に行ってくれるかも。お家を維持する意識づけやお金の大切さも同時に学ぶことができて良いことだらけでしょう。

お部屋のインテリアを変えてみる

シンプルでスッキリとしたインテリアにすれば、片付けないとかなり目立ちます。自分も家族も片付け意識が向上するかも。

さらにインテリアを統一してみると、さらに片付ける場所が明確になって片付けしやすくなるという効果もあります。

ルールづくりは家族で決めよう

例えば、テーブルにモノを置かないなどのルールを設ける場合は、どんなに小さいことでも家族会議で決めてみましょう。強制的に決められるのは、誰しも嫌なことに感じてしまいます。

家族の意見も尊重し、全員で決めることによってみんなでルールを守る良い環境を築くことができるでしょう。