掲載記事数: 263【10/24現在】

「シニア向け分譲マンション」がなぜ人気? デメリットはある?

その他

定年を迎えた元気なシニアが増えています。そんな生き生きとしたシニアの人たちに人気なのは、「シニア向け分譲マンション」です。

今まで住んでいた一戸建てを売却して、「シニア向け分譲マンション」を購入したという話もよく聞くようになりました。
「シニア向け分譲マンション」がなぜ人気なのか、メリットとデメリットも気になるところです。解説していきますので、参考にしてください。

「シニア向け分譲マンション」が人気

「シニア向け分譲マンション」が人気の理由として、館内にカラオケや温泉、バーやレストランなどの豪華な設備があるということです。中には、フィットネスジムが備えられているマンションもあって、楽しく充実したシニアライフを送れる設備が整っていることにあります。

「シニア向け分譲マンション」は、自治体の基準などにとらわれないため、提供サービスについてはマンションによって異なることが多いです。

基本的な建物設計はシニア向けのため、バリアフリーとなっていますが、フロントスタッフやコンシェルジュ、看護師が常駐していたりと、ホテルのようなサービスに近いです。また、健康への不安を解消するために、クリニックを併設している施設もあります。

「シニア向け分譲マンション」のメリット・デメリット

娯楽や医療などの施設を充実している「シニア向け分譲マンション」。楽しく、安心なリタイア生活を送ることができると思いますが、入居するには、分譲マンションということで資金が必要となってきます

施設や立地にもよりますが、相場として、入居時には1,000万円以上と月額費用として15万円程度がかかります。介護サービスを目的とした施設と違い、入居資格には特に制限はない反面、それなりの資金も必要となってくるでしょう。

シニアになってから、住宅ローンを組まなければならないケースもあって、リスクを伴うこともあります。

さらには、自立した生活を目指すシニア向け物件のため、介護面でのサービスはほとんどない場合も多いです。急に介護が必要となった場合は引っ越しを余儀なくされる場合もあります。

「シニア向け分譲マンション」はハードルが高いと感じる人は「シニア向け賃貸マンション」も数は少ないながらも存在します。こちらは賃貸となるので、大きく敷居は下がると思います。

まとめ

基本的に「シニア向け分譲マンション」は、高齢者の中でも元気で、経済的に余裕のある人向けの施設だと言えるでしょう。自分の老後資金とメリット、デメリットを考慮してから購入を検討してみると良いと思います。