掲載記事数: 263【10/24現在】

めまいや耳鳴り対策に活用したい漢方薬「苓桂朮甘湯」

健康

たまにめまいや耳鳴りはありませんか?

いつもと変わらない日常生活の中でほとんどの方が経験しているのではないでしょうか。

「めまい」や「耳鳴り」は原因があるとのことです。実際に私も「めまい」や「耳鳴り」が最近になって増えてきています。そんなこともあり、「めまい」や「耳鳴り」の原因や対処法を調べてみました。

同じような悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

「めまい」や「耳鳴り」はどのくらいの割合の人で起きている?

「めまい」は身体のバランスを保つ機能に障害が起きる症状です。これは日本人の約50人に1人(230万人以上)の方にみられる症状とのことです。

「耳鳴り」は外部に音源がないのに音を感じる症状です。これは日本人の約10人に1人(1,150万人以上)の方にみられる症状とのことです。

一昔前は高齢者の方に多くみられる傾向がありましたが、最近ではイヤホンなどで音楽を楽しむ若い方にも増えている傾向にあります。老若男女問わずに増加傾向のようです。

耳鼻咽喉科での治療

西洋医学での「めまい」「耳鳴り」の治療には、ビタミンB1、マグネシウム、タウリン、カルニン、L-アルギニンなどの栄養治療、もしくはステロイドホルモン治療などがあげられます。

しかし、その治療には明白な効果を感じることはそれほど多くはないようです。

ストレスによる自律神経の乱れ

めまいを訴える方の約4人の1人は原因がわかりません。そのほとんどがストレスからくる自律神経の乱れかと思われます。加齢と共に身体の不具合のような、めまいも自律神経の乱れの可能性もあります。

東洋医学と漢方薬

漢方が日本に導入されたのは、6世紀頃といわれています。日本の気候や日本人の体質に合わせて日本の伝統医学として発展しました。

漢方という名称は西洋医学の「蘭方」と区別するためのものであります。1868年明治政府は西洋医学中心の新しい教育制度を整えると共に漢方医学は衰退していきます。

漢方医学の発展と進展

ここ数年、漢方薬の効き目が多く立証され、西洋医学との併用で大きな成果を挙げています。めまいや耳鳴りの改善に役立つ漢方も出てきているので、漢方も検討してみると良いでしょう。

「めまい」や「耳鳴り」に効果があるとされている漢方薬

アイン薬局やアインズ&トルペ(ドラッグストア)を運営する、アインファーマシーズから販売されている「生漢煎 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)」(第2類医薬品)はめまいや耳鳴りに効能があるとされています。

【商品の詳細や購入はこちらから】

こんな悩みはありませんか?

  • グルグル回るような感覚で、まっすぐ歩けない
  • 人ごみで立ちくらみや頭痛になる
  • 神経質で気分が張りつめ落ち着かない
  • 病院で「年齢のせいかもね」と簡単に済まされた
  • もう一回聞き返すことが多い
  • 集中力がない、聞いてないと思われる

このように病院に行っても結局めまいの原因がわからないまま悩んでいる方は多いと思います。私もその一人です。

生漢煎 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)」はサプリメントではなく、漢方薬なのでしっかりとした効果が期待できます。このような商品を買ってみるのも1つの方法でしょう。