掲載記事数: 263【10/24現在】

金運を下げてしまう「お金がない」という言葉は使わない

お金(投資・節約)

「お金がない」は金運を下げる

「お金は寂しがり屋」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

これは「お金は寂しがり屋だからお金を大切にしてくれるところにいく、お金は寂しがり屋だからお金が集まっているところに集まる」と言った意味合いで使われています。実際にも言葉は現実になりうる効果を持っており、ネガティブ発言は避けた方がいいでしょう。

以上の事から「お金がない」という言葉は金運を下げてしまう効果を持つことになります。では、逆に金運を上げるにはどのようにしたら良いのか考えていきましょう。

「お金がない」は使わない

ついつい「お金がない」という言葉はあらゆる場面で使いがちです。相手に伝える上で、わかりやすく楽な言葉となりつつあります。特にお断りする場面ではよく活用されている言葉となっています。

ここは「お金がない」に変わる代用の言葉を使うようにしましょう。

友人に誘われたとき

友人に旅行に誘われたときのお断りする言葉として「お金がない」と言いがちですが、ここは「時間がない」などと答えると金運を下げません。

店員さんにものを勧められたとき

お店の店員さんに商品を勧められたときのお断りの言葉として「お金がない」と言いがちですが、ここは「好きではない」や「私に合わない」などと答えると金運を下げません。

「お金がある」は使う

どこで使うのかは謎ですが、「お金がある」という言葉は金運を上げる効果があるようです。なかなか使える場面は限られてくるかと思うので、心の中で思うだけでも十分でしょう。

これは実際にお金があってもなくても関係ないそうです。お金がない方はポジティブにお金があると思っているだけでお金が集まる傾向になるかもしれません。