掲載記事数: 263【10/24現在】

毎月必要な「固定費」の見直しで安定した家計改善につながる

お金(投資・節約)

お金が貯まらない人は「固定費」が多い!?

FP(ファイナンシャルプランナー)の友人によると、お金が貯まらない人は固定費に多く支出している傾向が高いそうです。固定費の見直しを行うだけで、お金が貯まる体質に転換できることも多いとのことです。

今回はFPから聞いた、効果的な「固定費」の見直しのポイントをいくつかご紹介します。

(1)通信費を見直す

「携帯電話のプランなんて複雑でよくわからない」「格安スマホはなんだかよくわからない」

なんてことはよくある話です。実際に私も同様です(笑)

携帯電話やスマホのプランなんてしょっちゅう変わっていくものですので、わからなければ無理に調べる必要はないと思います。

いま使っている通信費よりも安くなるならそれでいいと思うので、利用しているキャリアの窓口に出向いて、現在の使用状況から最適なプランはどれになるのか聞いてみましょう。

また、他社にも出向いて現在の使用状況を伝えたうえで最適なプランを聞いてみると比較することができるので合わせて行っていきましょう。

(2)住居費を見直す

長く住む予定の賃貸物件であれば「家賃交渉」を…

賃貸であれば、「家賃交渉」をしてみるのもいいでしょう。交渉次第で数千円から1万円くらいまで減額になることがあるそう。

交渉する際は地域の相場や別の部屋の家賃などを調べておくと有利になるみたいです。相場を調べるには不動産仲介のホームページを見たり、お店で確認するとわかります。

タイミングとしては「入居契約時」と「更新時」がベストとのことです。

(3)車関連費を見直す

車を持っているなら手放すことも考えてみましょう

車の維持費として「ガソリン代、駐車場代、車検代、税金など」が大きく負担となってきます。車がないと移動が困難などの理由ではない限り、手放すことも視野に入れましょう。

最近は車にあまり乗らなくなってきたなんて方もいると思います。そんな方にオススメなのは「カーシェアリング」です。車をみんなでシェアして乗るという形です。

費用として使用がかかりますが、車を保有しているよりもお金がかからないケースが多いです。

最近では「カーシェアリング」は徐々に増え続けてきているので近所に利用可能な場所があるかもしれません。